セッション情報

International Session

第55回・2017年・横浜
International Session
International Session 5
Pancreas
開催回
第55回・2017年・横浜

BR-A/LA-UR膵癌に対するGSL併用術前化学療法第II相試験

演題番号 : IS5-1

阪本 良弘:1、斎藤 圭:2、中井 陽介:2、有田 淳一:1、渡谷 岳行:6、田中 麻理子:7、青木 琢:4、長谷川 潔:1、伊佐山 浩通:2,3、小池 和彦:2、國土 典宏:5

1:東京大学・医学部・肝胆膵外科、人工臓器・移植外科、2:東京大学・医学部附属病院・消化器内科、3:順天堂大学・医学部附属順天堂医院・消化器内科、4:獨協医科大学・病院・第二外科、5:独立行政法人国立国際医療研究センター、6:東京大学・医学部附属病院・放射線科、7:東京大学・医学部附属病院・病理部

BR-A/LA-UR膵癌に対するGSL併用術前化学療法第II相試験

当院の局所進行膵癌の対するGemcitabine plus nab-Paclitaxel療法の成績

演題番号 : IS5-2

橋本 裕輔:1、高橋 秀明:1、大野 泉:1、渡邊 一雄:1、梅本 久美子:1、今岡 大:1、佐々木 満仁:1、木村 元:1、光永 修一:1、竹野 美沙希:2、篠原 旭:2、池田 公史:1

1:国立研究開発法人国立がん研究センター東病院・肝胆膵内科、2:国立研究開発法人国立がん研究センター東病院・薬剤部

当院の局所進行膵癌の対するGemcitabine plus nab-Paclitaxel療法の成績

進行膵癌に対するFOLFIRINOX療法の初期Dose intensityが治療効果に与える影響

演題番号 : IS5-3

小林 智:1、上野 誠:1、大前 勝弘:2、倉持 英和:3、寺尾 正子:4、水野 伸匡:5、尾阪 将人:6、上野 秀樹:7、上杉 和寛:8、小林 規俊:9、細川 貴史:10、逸見 利幸:11、小林 真里奈:12、戸髙 明子:13、福冨 晃:13

1:地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター、2:静岡県立静岡がんセンター・臨床研究支援センター研究推進室、3:東京女子医科大学・八千代医療センター、4:福山市民病院、5:愛知県がんセンター中央病院・消化器内科部、6:公益財団法人がん研究会有明病院・消化器センター、7:国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院、8:独立行政法人国立病院機構四国がんセンター・消化器内科、9:横浜市立大学・附属病院・臨床腫瘍科、10:第一三共株式会社・メディカルサイエンス部、11:株式会社ヤクルト本社・医薬安全性情報部、12:静岡県産業振興財団ファルマバレーセンター・治験推進部、13:静岡県立静岡がんセンター・消化器内科

進行膵癌に対するFOLFIRINOX療法の初期Dose intensityが治療効果に与える影響

切除可能膵癌に対する新たな治療戦略

演題番号 : IS5-4

蔵原 弘:1、前村 公成:1、又木 雄弘:1、迫田 雅彦:1、飯野 聡:1、川崎 洋太:1、橋口 真征:1、上野 真一:2、新地 洋之:3、夏越 祥次:1

1:鹿児島大学・大学院医歯学総合研究科・腫瘍制御学消化器乳腺甲状腺外科、2:鹿児島大学・医学部・臨床腫瘍学、3:鹿児島大学・医学部・保健学科

切除可能膵癌に対する新たな治療戦略

Neoadjuvant treatment improves survival of patients with borderline resectable pancreatic head cancer with arterial involvement

演題番号 : IS5-5

吉富 秀幸:1、清水 宏明:3、古川 勝規:1、高屋敷 吏:1、久保木 知:1、高野 重紹:1、鈴木 大亮:1、酒井 望:1、賀川 真吾:1、野島 広之:1、三島 敬:1、宮崎 勝:1,2、大塚 将之:1

1:千葉大学・大学院・臓器制御外科学、2:国際医療福祉大学・三田病院、3:帝京大学・ちば総合医療センター・外科

Neoadjuvant treatment improves survival of patients with borderline resectable pancreatic head cancer with arterial involvement

KR12, a KRAS targeting DNA alkylating agent is well tolerated and promising drug candidate for patients with KRAS mutated colorectal and pancreatic cancers

演題番号 : IS5-6

永瀬 浩喜:1,2、高取 敦志:1、越川 信子:1、渡部 隆義:1、Lin Jason:1、篠崎 喜脩:1

1:千葉県がんセンター・研究所・がん遺伝創薬研究室、2:千葉大学・大学院・分子腫瘍生物学

KR12, a KRAS targeting DNA alkylating agent is well tolerated and promising drug candidate for patients with KRAS mutated colorectal and pancreatic cancers