セッション情報

ワークショップ

第54回・2016年・横浜
ワークショップ
ワークショップ 91
大腸 23: 化学療法の進歩 (2) -サルベージ・動注-
開催回
第54回・2016年・横浜

大腸癌治療における最適なSalvage Line treatmentを考える TAS-102の位置づけと効果

演題番号 : WS91-1

中山 裕行:1,2、加藤 達史:1、一林 三保子:1,2、岡村 隆仁:1

1:大和高田市立病院・外科、2:大和高田市立病院・がん化学療法

大腸癌治療における最適なSalvage Line treatmentを考える TAS-102の位置づけと効果

進行再発大腸癌治療のサルベージラインにおけるRegorafenibとTAS-102の治療成績

演題番号 : WS91-2

中田 健:1、辻江 正樹:1、澤田 元太:1、三上 城太:1、岸本 朋也:1、中平 伸:1、間狩 洋一:1、山村 順:1、神垣 俊二:1、池田 直樹:1、藤田 淳也:1、大里 浩樹:1

1:堺市立総合医療センター・外科

進行再発大腸癌治療のサルベージラインにおけるRegorafenibとTAS-102の治療成績

当科における切除不能進行大腸癌の治療成績

演題番号 : WS91-3

小林 建司:1、森本 翔太:1、加藤 知克:1、廣川 高久:1、柴田 直史:1、花立 史香:1、清水 幸雄:1、松波 英寿:1

1:社会医療法人蘇西厚生会松波総合病院・外科

当科における切除不能進行大腸癌の治療成績

切除不能進行・再発大腸癌肝転移に対する姑息的治療としての肝動注療法の検討

演題番号 : WS91-4

森田 吉多佳:1

1:独立行政法人国立病院機構神戸医療センター・放射線科

切除不能進行・再発大腸癌肝転移に対する姑息的治療としての肝動注療法の検討

全身化学療法に抵抗性を示した大腸癌多発肝転移に対する肝動注療法の治療成績

演題番号 : WS91-5

森川 充洋:1、吉田 祐:1、田海 統之:1、嶋田 通明:1、呉林 秀崇:1、加藤 成:1、藤本 大裕:1、小練 研司:1、村上 真:1、廣野 靖夫:1、前田 浩幸:1、片山 寛次:2、五井 孝憲:1、山口 明夫:1

1:福井大学・医学部・第一外科、2:福井大学・医学部・がん治療推進センター

全身化学療法に抵抗性を示した大腸癌多発肝転移に対する肝動注療法の治療成績

大腸癌化学療法における肝動注化学療法(レスキュー肝動注)の有用性の検討

演題番号 : WS91-6

石川 敏昭:1、山内 慎一:2、石黒 めぐみ:3、十倉 三千代:2、花岡 まりえ:2、菊池 章史:2、安野 正道:2,3、植竹 宏之:1

1:東京医科歯科大学・大学院医歯学総合研究科・総合外科学分野、2:東京医科歯科大学・大学院医歯学総合研究科・消化管外科学分野、3:東京医科歯科大学・大学院医歯学総合研究科・応用腫瘍学講座

大腸癌化学療法における肝動注化学療法(レスキュー肝動注)の有用性の検討