セッション情報

ワークショップ

第54回・2016年・横浜
ワークショップ
ワークショップ 51
大腸 14: 分子標的治療薬 (3) -レゴラフェニブ・パニツヅマブ-
開催回
第54回・2016年・横浜

セツキシマブ不応例に対するパニツムマブの有効性に関する第Ⅱ相試験: HGCSG1101

演題番号 : WS51-1

辻 靖:1、結城 敏志:2、原田 一顕:3、安藤 孝将:4、細川 歩:4、畑中 一映:5、佐藤 温:6、小林 良充:7、宮城島 拓人:7、奥田 博介:8、加藤 総介:9、中村 路夫:10、久居 弘幸:11、坂田 優:12、小松 嘉人:3

1:KKR札幌医療センター斗南病院・腫瘍内科、2:北海道大学・病院・消化器内科、3:北海道大学・病院・腫瘍センター、4:富山大学・医学部・内科学第三講座、5:市立函館病院・消化器内科、6:弘前大学・大学院医学研究科・腫瘍内科、7:独立行政法人労働者健康福祉機構釧路労災病院・腫瘍内科、8:社会医療法人恵佑会札幌病院・腫瘍内科、9:社会医療法人北楡会札幌北楡病院・消化器内科、10:市立札幌病院・消化器内科、11:日本赤十字社伊達赤十字病院・消化器科、12:三沢市立三沢病院・CEO

セツキシマブ不応例に対するパニツムマブの有効性に関する第Ⅱ相試験: HGCSG1101

進行再発大腸癌に対するレゴラフェニブ使用経験と成績

演題番号 : WS51-2

諏訪 雄亮:1、渡邉 純:1、諏訪 宏和:2、樅山 将士:3、石部 敦士:3、大田 貢由:2、舛井 秀宣:1、長堀 薫:1

1:国家公務員共済組合連合会横須賀共済病院・外科、2:横浜市立大学・附属市民総合医療センター・消化器病センター、3:横浜市立大学・消化器・腫瘍外科

進行再発大腸癌に対するレゴラフェニブ使用経験と成績

進行・再発大腸癌に対して初期投与量120mgで行うRegorafenib salvage line療法

演題番号 : WS51-3

大澤 浩:1、後藤 宏顕:1、丁 曄:1、明星 智洋:1、判田 直子:1

1:社会福祉法人仁生社江戸川病院・腫瘍血液内科

進行・再発大腸癌に対して初期投与量120mgで行うRegorafenib salvage line療法

当院におけるレゴラフェニブの使用経験からみた推奨する投与法

演題番号 : WS51-4

松田 宙:1,2、團野 克樹:2、宮崎 進:2、藤谷 和正:2、久保田 勝:2、本告 正明:2、中塚 梨江:2、西村 正成:1,2、北川 彰洋:1,2、高木 麻里:2,3、岩瀬 和裕:2

1:大阪大学・大学院医学系研究科・消化器外科、2:地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪府立急性期・総合医療センター・消化器外科、3:地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪府立急性期・総合医療センター・薬剤部

当院におけるレゴラフェニブの使用経験からみた推奨する投与法

レゴラフェニブの使用経験と、80㎎による投与開始

演題番号 : WS51-5

中嶌 雅之:1、杉政 奈津子:1、柿添 学:1、小野 秀高:1、馬場 裕之:1、杉田 光隆:1

1:横浜市立みなと赤十字病院・外科

レゴラフェニブの使用経験と、80㎎による投与開始

殺細胞性抗癌剤治療が困難で、panitumumab単剤が奏効したRAS野生型進行大腸癌の2例

演題番号 : WS51-6

小川 浩平:1、塚田 健一郎:1、高嶋 祐介:1、中嶋 和仙:1、本藤 有智:1、澤崎 拓郎:1、國谷 等:1、西田 泰之:1、平井 信行:1、寺田 光宏:1

1:富山県厚生農業協同組合連合会高岡病院・消化器内科

殺細胞性抗癌剤治療が困難で、panitumumab単剤が奏効した<i>RAS</i>野生型進行大腸癌の2例