セッション情報

ワークショップ

第54回・2016年・横浜
ワークショップ
ワークショップ 49
大腸 12: 分子標的治療薬 (1) -セツキシマブ-
開催回
第54回・2016年・横浜

抗EGFR抗体薬を中心とした大腸癌個別化医療にむけた治療戦略

演題番号 : WS49-1

松橋 延壽:1、高橋 孝夫:1、今井 寿:1、松井 聡:1、佐々木 義之:1、加藤 順子:1、長田 真二:1、田中 善宏:1、山口 和也:1、吉田 和弘:1

1:岐阜大学・医学部附属病院・腫瘍外科

抗EGFR抗体薬を中心とした大腸癌個別化医療にむけた治療戦略

大腸癌における抗EGFR抗体薬のEGFR内在化誘導と治療効果の検討

演題番号 : WS49-2

岡田 泰行:1、木村 哲夫:1、郷司 敬洋:1、北村 晋志:1、宮本 弘志:1、六車 直樹:1、辻 靖:2、高山 哲治:1

1:徳島大学・大学院医歯薬学研究部・消化器内科学、2:KKR札幌医療センター斗南病院

大腸癌における抗EGFR抗体薬のEGFR内在化誘導と治療効果の検討

RAS野生型再発大腸癌に対するセツキシマブの経済的な単独隔週療法の試み

演題番号 : WS49-3

岩本 慈能:1、室谷 健太:3、築山 郁人:4、松浦 克彦:4、石黒 成治:2、小松 俊一郎:2、佐野 力:2、三嶋 秀行:1,3

1:愛知医科大学・臨床腫瘍センター、2:愛知医科大学・消化器外科、3:愛知医科大学・臨床研究支援センター、4:愛知医科大学・薬剤部

RAS野生型再発大腸癌に対するセツキシマブの経済的な単独隔週療法の試み

KRAS野生型進行・再発大腸癌におけるcetuximabを含む1次治療の有用性

演題番号 : WS49-4

酒田 和也:1,13、植村 守:2,13、金 浩敏:3,13、藤井 仁:4,13、福永 睦:5,13、藤井 亮知:6,13、武元 浩新:7,13、福崎 孝幸:8,13、西村 潤一:9,13、畑 泰司:9,13、佐藤 太郎:10,13、水島 恒和:9,11,13、根津 理一郎:12,13、土岐 祐一郎:9,13、森 正樹:9,13

1:市立池田病院・消化器外科、2:独立行政法人国立病院機構大阪医療センター・外科、3:地方独立行政法人りんくう総合医療センター・外科、4:社会福祉法人恩賜財団大阪府済生会富田林病院・外科、5:兵庫県立西宮病院・外科、6:田仲北野田病院・外科、7:公立学校共済組合近畿中央病院・外科、8:社会福祉法人恩賜財団済生会支部大阪府済生会千里病院・外科、9:大阪大学・大学院医学系研究科・消化器外科学、10:大阪大学・大学院医学系研究科・先進化学療法開発学、11:大阪大学・大学院医学系研究科・炎症性腸疾患治療学、12:西宮市立中央病院・外科、13:大阪大学消化器外科共同研究会大腸疾患分科会

KRAS野生型進行・再発大腸癌におけるcetuximabを含む1次治療の有用性

切除不能進行・再発大腸癌に対する一次治療としての SOX+cetuximab療法の治療経験

演題番号 : WS49-5

青松 直撥:1、内間 恭武:1、登 千穂子:1、栗原 重明:1、山越 義仁:1、王 恩:1、長嶋 大輔:1、平川 俊基:1、岩内 武彦:1、森本 純也:1、鄭 聖華:1、中澤 一憲:1、竹内 一浩:1

1:社会医療法人生長会府中病院・外科

切除不能進行・再発大腸癌に対する一次治療としての SOX+cetuximab療法の治療経験

ベバシズマブ以外の分子標的薬投与中に発症した消化管穿孔性腹膜炎症例の検討

演題番号 : WS49-6

緒方 健一:1、遊佐 俊彦:1、武山 秀晶:1、小川 克大:1、岡部 弘尚:1、林 洋光:1、尾崎 宣之:1、赤星 慎一:1、生田 義明:1、髙森 啓史:1

1:社会福祉法人済生会熊本病院・外科センター

ベバシズマブ以外の分子標的薬投与中に発症した消化管穿孔性腹膜炎症例の検討