セッション情報

ワークショップ

第54回・2016年・横浜
ワークショップ
ワークショップ 43
腎 5: 腎がん分子標的治療の解析
開催回
第54回・2016年・横浜

メトホルミンによる腎細胞がん分子標的治療薬の耐性克服と相乗効果の検討

演題番号 : WS43-1

松本 洋明:1、清水 宏輔:1、藤井 央法:1、川井 禎久:1、井上 亮:1、山本 義明:1、長尾 一公:1、松山 豪泰:1

1:山口大学・大学院医学系研究科・泌尿器科学分野

メトホルミンによる腎細胞がん分子標的治療薬の耐性克服と相乗効果の検討

転移性腎がんに対する分子標的治療成績に影響を与える因子の検討

演題番号 : WS43-2

大庭 康司郎:1、松尾 朋博:1、浅井 昭宏:1、宮田 康好:1、酒井 英樹:1

1:長崎大学・病院・泌尿器科

転移性腎がんに対する分子標的治療成績に影響を与える因子の検討

根治切除不能または転移性の腎細胞癌患者に対するエベロリムス投与前後のQOL変化

演題番号 : WS43-3

杉山 貴之:1、下妻 晃二郎:1、小山 政史:1、舛森 直哉:1、松原 昭郎:1、松山 豪泰:1、神波 大己:1、西村 和郎:1、樋之津 史郎:1、赤座 英之:1、大園 誠一郎:1

1:Japanese Afinitor Clinical Trial Group of RCC(J-ACTOR)

根治切除不能または転移性の腎細胞癌患者に対するエベロリムス投与前後のQOL変化

進行性腎細胞癌におけるアキシチニブの有効性とインスリンレセプター発現の関連性

演題番号 : WS43-4

高橋 正幸:1、大豆本 圭:1、楠原 義人:1、布川 朋也:1、福森 知治:1、金山 博臣:1

1:徳島大学・大学院ヘルスバイオサイエンス研究部・泌尿器科

進行性腎細胞癌におけるアキシチニブの有効性とインスリンレセプター発現の関連性

転移性腎細胞癌に対する3rdライン以降でのpazopanibの使用経験

演題番号 : WS43-5

佐塚 智和:1、二瓶 直樹:2、五島 悠介:1、今村 有佑:1、柳澤 充:3、仲村 和芳:1、小宮 顕:1、市川 智彦:1

1:千葉大学・大学院医学研究院・泌尿器科、2:みはま病院・泌尿器科、3:独立行政法人労働者健康福祉機構千葉労災病院・泌尿器科

転移性腎細胞癌に対する3rdライン以降でのpazopanibの使用経験

当センターにおける転移性腎癌に対する1st lineアキシチニブの治療成績

演題番号 : WS43-6

竹下 暢重:1、鎌迫 智彦:1、大塚 真史:1、篠崎 哲男:1、梨井 隼菱:1、小林 将行:1、市川 智彦:2、植田 健:1、小丸 淳:1、深沢 賢:1

1:千葉県がんセンター・前立腺センター・泌尿器科、2:千葉大学・大学院医学研究院・泌尿器科学

当センターにおける転移性腎癌に対する1st lineアキシチニブの治療成績