セッション情報

ワークショップ

第54回・2016年・横浜
ワークショップ
ワークショップ 34
肝臓 2: 肝がんの手術療法の進歩
開催回
第54回・2016年・横浜

肝細胞癌におけるOsteopontinの発現と術前分岐鎖アミノ酸製剤投与の意義

演題番号 : WS34-1

廣島 幸彦:1、川口 大輔:1、菊地 祐太郎:1、松尾 憲一:1、笠原 康平:1、村上 崇:1、田中 邦哉:1

1:帝京大学・ちば総合医療センター・外科

肝細胞癌におけるOsteopontinの発現と術前分岐鎖アミノ酸製剤投与の意義

NEXTO試験1報: 切除不能大腸癌肝転移に対するFOLFOX+セツキシマブ導入化学療法の有効性

演題番号 : WS34-2

青笹 季文:1、長谷川 潔:2、斎浦 明夫:3、大場 大:2、田中 信孝:4、高山 忠利:5、橋口 陽二郎:6、万代 恭嗣:7、坂本 裕彦:8、三瀬 祥弘:3、篠崎 英司:9、吉田 俊太郎:10、山本 順司:1、渡邊 聡明:11、國土 典宏:2

1:防衛医科大学校・外科学講座、2:東京大学・大学院・医学系研究科 臓器病態外科学肝胆膵外科、3:公益財団法人がん研究会有明病院・消化器外科、4:総合病院国保旭中央病院・外科、5:日本大学・医学部・消化器外科、6:帝京大学・医学部・外科、7:独立行政法人地域医療機能推進機構東京山手メディカルセンター・外科、8:埼玉県立がんセンター・消化器外科、9:公益財団法人がん研究会有明病院・消化器内科、10:東京大学・医学部・消化器内科、11:東京大学・医学部・大腸肛門病外科

NEXTO試験1報: 切除不能大腸癌肝転移に対するFOLFOX+セツキシマブ導入化学療法の有効性

大腸癌肝転移の予後危険因子としての肝切前血清CEA値の有用性について

演題番号 : WS34-3

河原 秀次郎:1、渡辺 一裕:1、北條 誠至:1、石田 航太:1、吉田 清哉:1、三澤 健之:1、秋葉 直志:1、矢永 勝彦:2

1:東京慈恵会医科大学・附属柏病院・外科、2:東京慈恵会医科大学・外科

大腸癌肝転移の予後危険因子としての肝切前血清CEA値の有用性について

術前の代謝・栄養状態が肝細胞癌切除例の予後に及ぼす影響: 体組成分析に基づく検討

演題番号 : WS34-4

宮本 敦史:1、濱 直樹:1、前田 栄:1、植村 守:1、山本 和義:1、三宅 正和:1、西川 和宏:1、宮崎 道彦:1、池田 正孝:1、平尾 素宏:1、関本 貢嗣:1、中森 正二:1

1:独立行政法人国立病院機構大阪医療センター・外科

術前の代謝・栄養状態が肝細胞癌切除例の予後に及ぼす影響: 体組成分析に基づく検討

大腸癌肝転移に対する腹腔鏡下肝切除の成績

演題番号 : WS34-5

武田 裕:1、加藤 健志:1、大村 仁昭:1、桂 宜輝:1、阪本 卓也:1、中平 伸:1、賀川 義規:1、内藤 敦:1、桑原 隆一:1、森本 祥悠:1、石田 智:1、大根田 康雄:1、村上 剛平:1、竹野 淳:1、田村 茂行:1

1:独立行政法人労働者健康福祉機構関西労災病院・外科

大腸癌肝転移に対する腹腔鏡下肝切除の成績

肝予備能不良初発肝細胞癌に対する腹腔鏡下小範囲解剖学的肝切除の意義

演題番号 : WS34-6

迫田 雅彦:1、飯野 聡:1、南 幸次:1、川崎 洋太:1、蔵原 弘:1、又木 雄弘:1、前村 公成:1、新地 洋之:3、上野 真一:2、夏越 祥次:1

1:鹿児島大学・医学部・歯学部附属病院・消化器・乳腺甲状腺外科、2:鹿児島大学・大学院医歯学総合研究科・臨床腫瘍学、3:鹿児島大学・医学部・保健学科

肝予備能不良初発肝細胞癌に対する腹腔鏡下小範囲解剖学的肝切除の意義