セッション情報

ワークショップ

第54回・2016年・横浜
ワークショップ
ワークショップ 13
NET: NETに対する治療戦略
開催回
第54回・2016年・横浜

10mm以下の直腸カルチノイド(NET-G1)に対する内視鏡的治療の有用性の検討

演題番号 : WS13-1

松本 早代:1、岡本 耕一:1、六車 直樹:1、中川 忠彦:1、関 崚太:1、武原 正典:1、影本 開三:1、高岡 慶史:1、岡崎 潤:1、藤本 大策:1、木村 哲夫:1、北村 晋志:1、宮本 弘志:1、岡久 稔也:1、高山 哲治:1

1:徳島大学・大学院ヘルスバイオサイエンス研究部・消化器内科

10mm以下の直腸カルチノイド(NET-G1)に対する内視鏡的治療の有用性の検討

膵神経内分泌腫瘍に対するスーテントカプセル使用成績調査

演題番号 : WS13-2

伊藤 鉄英:1、豊島 康治:2、朴沢 博之:2、遠藤 穣:2、阪野 茂生:2、大木 恵美子:2

1:九州大学大学院医学研究院・病態制御内科学、2:ファイザー株式会社

膵神経内分泌腫瘍に対するスーテントカプセル使用成績調査

当院における膵神経内分泌腫瘍の外科治療の成績

演題番号 : WS13-3

丸山 常彦:1,2、上田 和光:2、酒向 晃弘:2、奧村 稔:2、大河内 信弘:3

1:財団法人筑波麓仁会筑波学園病院・外科、2:株式会社日立製作所日立総合病院・外科、3:筑波大学・附属病院・消化器外科

当院における膵神経内分泌腫瘍の外科治療の成績

肝転移を伴う消化管神経内分泌腫瘍の検討

演題番号 : WS13-4

山村 真弘:1、澤木 明:1、河本 泉:2、堅田 洋佑:1、岡脇 誠:1、鶴田 淳:3、松本 英男:3、山口 佳之:1

1:川崎医科大学・臨床腫瘍科、2:関西電力病院・外科、3:川崎医科大学・消化器外科

肝転移を伴う消化管神経内分泌腫瘍の検討

胃神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine neoplasm)の臨床病理学的特徴と手術成績

演題番号 : WS13-5

貝森 美月:1、矢島 和人:1、岩崎 善毅:1、大日向 玲紀:1、高橋 一哉:1、高橋 慶一:1、河村 英恭:1

1:がん・感染症センター都立駒込病院・外科

胃神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine neoplasm)の臨床病理学的特徴と手術成績

神経内分泌腫瘍に対してオクトレオチドLARを使用した3 例

演題番号 : WS13-6

寺本 彰:1、仲村 将泉:1、勝田 充重:1、仲松 元二郞:1、清水 佐知子:1、普久原 朝史:1、木村 典世:1、近藤 章之:1、松川 しのぶ:1、高木 亮:1、小橋川 嘉泉:1、仲吉 朝邦:1、金城 福則:1

1:社会医療法人仁愛会浦添総合病院・消化器病センター・内科

神経内分泌腫瘍に対してオクトレオチドLARを使用した3 例