セッション情報

ワークショップ

第54回・2016年・横浜
ワークショップ
ワークショップ 105
胃 22: 分子標的治療 (2)
開催回
第54回・2016年・横浜

当科における進行・再発胃癌患者のRamucirumab+Paclitaxel療法の後方視的検討

演題番号 : WS105-1

船坂 知華子:1、小室 泰司:1、山口 津加彩:1、田村 美宝:1、金政 佑典:1、下山 達:1、前田 義治:1

1:がん・感染症センター都立駒込病院・腫瘍内科

当科における進行・再発胃癌患者のRamucirumab+Paclitaxel療法の後方視的検討

進行・再発胃癌に対するPTX+Ramcirumab化療施行症例の検討

演題番号 : WS105-2

金 成泰:1、神原 達也:1、岡崎 智:1、兼松 清果:1、吉田 秀行:1、吉田 良:1、井上 健太郎:2、道浦 拓:2、尾崎 岳:2、向出 裕美:2、中井 宏治:3、山田 正法:3、濱田 円:2、權 雅憲:2

1:関西医科大学・香里病院・外科、2:関西医科大学・附属病院・外科、3:関西医科大学・附属滝井病院・外科

進行・再発胃癌に対するPTX+Ramcirumab化療施行症例の検討

当院における胃癌術後にラムシルマブ+パクリタキセル併用療法を施行した症例の検討

演題番号 : WS105-3

徳山 信嗣:1、三木 宏文:1、岡田 一幸:1、本田 晶子:1、岡本 葵:1、雪本 龍平:1、斎藤 明菜:1、小西 健:1、太田 英夫:1、横山 茂和:1、福永 睦:1、小林 研二:1

1:兵庫県立西宮病院・消化器外科

当院における胃癌術後にラムシルマブ+パクリタキセル併用療法を施行した症例の検討

切除不能進行再発胃癌に対するラムシルマブ療法の現状について

演題番号 : WS105-4

小林 大介:1、田中 千恵:1、神田 光郎:1、高見 秀樹:1、林 真路:1、丹羽 由紀子:1、岩田 直樹:1、山田 豪:1、中山 吾郎:1、杉本 博行:1、小池 聖彦:1、藤井 努:1、藤原 道隆:1、小寺 泰弘:1

1:名古屋大学・大学院医学系研究科・消化器外科学

切除不能進行再発胃癌に対するラムシルマブ療法の現状について

当院における切除不能進行再発胃癌に対するRamucirumab単剤療法の使用経験

演題番号 : WS105-5

谷岡 洋亮:1、浅野 基:2、藤本 伸一:1、池田 宏国:3、吉田 亮介:3、脇 直久:3、石崎 雅浩:3

1:独立行政法人労働者健康福祉機構岡山労災病院・腫瘍内科、2:独立行政法人労働者健康福祉機構岡山労災病院・消化器内科、3:独立行政法人労働者健康福祉機構岡山労災病院・外科

当院における切除不能進行再発胃癌に対するRamucirumab単剤療法の使用経験

当院における二次化学療法以降におけるRamucirumab(サイラムザ®)投与症例の検討

演題番号 : WS105-6

藪崎 裕:1、松木 淳:1、會澤 雅樹:1、中川 悟:1、番場 竹生:1、土屋 嘉昭:1、瀧井 康公:1、野村 達也:1、丸山 聡:1、野上 仁:1

1:新潟県立がんセンター新潟病院・消化器外科

当院における二次化学療法以降におけるRamucirumab(サイラムザ<sup>®</sup>)投与症例の検討