セッション情報

ワークショップ

第54回・2016年・横浜
ワークショップ
ワークショップ 104
胃 21: 分子標的治療 (1)
開催回
第54回・2016年・横浜

HER-2陽性胃癌へのstandard S1 / CDDP + Trastuzumabの有用性と安全性: HOG-GC01試験

演題番号 : WS104-1

金澤 卓:1、田邉 和照:2、畑中 信良:3、篠﨑 勝則:4、平林 直樹:5、加納 幹浩:6、福田 敏勝:7、松田 裕之:8、高嶌 寛年:9、高橋 忠照:10、浜田 史洋:11、先本 秀人:12、二宮 基樹:1

1:広島市立広島市民病院・外科、2:広島大学・病院・外科、3:独立行政法人国立病院機構呉医療センター・中国がんセンター、4:県立広島病院、5:広島市立安佐市民病院、6:JA広島総合病院、7:広島県厚生農業協同組合連合会尾道総合病院、8:日本赤十字社広島赤十字・原爆病院、9:庄原赤十字病院、10:独立行政法人国立病院機構東広島医療センター、11:日本鋼管福山病院、12:独立行政法人労働者健康福祉機構中国労災病院

HER-2陽性胃癌へのstandard S1 / CDDP + Trastuzumabの有用性と安全性: HOG-GC01試験

進行・再発胃癌に対する実臨床でのRamucirumabの有効性

演題番号 : WS104-2

片柳 創:1、幕内 洋介:1、新後閑 正敏:1、刑部 弘哲:1、寿美 哲生:1、土田 明彦:2、河地 茂行:1

1:東京医科大学・八王子医療センター・消化器外科・移植外科、2:東京医科大学・病院・消化器外科・小児外科

進行・再発胃癌に対する実臨床でのRamucirumabの有効性

当院における Paclitaxel+ Ramucirumab併用療法の治療成績

演題番号 : WS104-3

櫻田 晃:1、佐川 保:1、岡川 泰:2、濱口 京子:1、田村 文人:1、林 毅:1、藤川 幸司:1、高橋 康雄:1

1:独立行政法人国立病院機構北海道がんセンター・消化器内科、2:札幌医科大学・医学部・腫瘍・血液内科

当院における Paclitaxel+ Ramucirumab併用療法の治療成績

進行再発胃癌に対するpaclitaxel+ramcirumab療法の検討

演題番号 : WS104-4

木村 豊:1,2,3、間狩 洋一:1、三上 城太:1、藤田 淳也:1、神垣 俊二:1,2、池島 あゆみ:2、藤井 千賀:2、辻江 正樹:1、今本 治彦:3、安田 卓司:3

1:堺市立総合医療センター・外科、2:堺市立総合医療センター・化学療法センター、3:近畿大学・医学部・外科

進行再発胃癌に対するpaclitaxel+ramcirumab療法の検討

当院における胃がんに対する分子標的薬使用の現状

演題番号 : WS104-5

小林 由夏:1、杉谷 想一:1、木村 成宏:1、罇 陽介:1、高野 明人:1、飯利 孝雄:1

1:医療法人立川メディカルセンター立川綜合病院・消化器内科

当院における胃がんに対する分子標的薬使用の現状

HER2陽性進行再発胃癌に対するtrastuzumab (Tmab) beyond progression(TBP)症例の検討

演題番号 : WS104-6

竹野 淳:1、村上 剛平:1、田村 茂行:1、太田 高志:2、内藤 敦:1、稲留 遵一:1、桂 宜輝:1、大村 仁昭:1、賀川 義規:1、柄川 千代美:1、武田 裕:1、加藤 健志:1、萩原 秀紀:2

1:独立行政法人労働者健康福祉機構関西労災病院・外科、2:独立行政法人労働者健康福祉機構関西労災病院・消化器内科

HER2陽性進行再発胃癌に対するtrastuzumab (Tmab) beyond progression(TBP)症例の検討