セッション情報

ワークショップ

第54回・2016年・横浜
ワークショップ
ワークショップ 10
総合 1: チーム医療
開催回
第54回・2016年・横浜

外来化学療法室における抗がん剤ルート確保の現状

演題番号 : WS10-1

福田 実:1,2、本田 琢也:1,3、小林 和真:4、鈴木 一枝:5、土屋 暁美:5、長池 恵美:1、中川 博雄:6、中村 忠博:6、池田 喬哉:2、山口 博之:2、中富 克己:2、中村 太祐:7,8、林 秀行:7,8、迎 寛:2、芦澤 和人:1,8

1:長崎大学・病院・がん診療センター、2:長崎大学・大学院医歯薬学総合研究科・呼吸器内科、3:長崎大学・大学院医歯薬学総合研究科・消化器内科、4:長崎大学・大学院医歯薬学総合研究科・移植消化器外科、5:長崎大学・病院・外来化学療法室、6:長崎大学・病院・薬剤部、7:長崎大学・大学院医歯薬学総合研究科・放射線科、8:長崎大学・大学院医歯薬学総合研究科・臨床腫瘍学

外来化学療法室における抗がん剤ルート確保の現状

化学療法専従医を外科にも配置すべきである

演題番号 : WS10-2

小林 和真:1、前川 恭一郎:1、藤田 文彦:1,2、金高 賢悟:1、山之内 孝彰:1、林田 直美:1、久芳 さやか:1、日高 匡章:1、福田 実:2、本田 琢也:2、林 秀行:3、中村 太佑:3、芦澤 和人:2,3、高槻 光寿:1、江口 晋:1

1:長崎大学・大学院・移植・消化器外科、2:長崎大学・病院・がん診療センター、3:長崎大学・大学院・臨床腫瘍学講座

化学療法専従医を外科にも配置すべきである

胸腔鏡下食道がん周術期におけるチーム医療~第2報~

演題番号 : WS10-3

上村 哲史:1、阿部 鋭子:1、梅澤 雄一:1、石田 裕史:1、丸山 公子:1、尾嶋 仁:2

1:群馬県立がんセンター 看護部、2:群馬県立がんセンター 消化器外科

胸腔鏡下食道がん周術期におけるチーム医療~第2報~

高度急性期病院における緩和ケアチーム活動の現況と課題

演題番号 : WS10-4

杉山 保幸:1、山田 誠:1、波頭 経明:1、足立 尊仁:1、松井 康司:1、奥村 直樹:1、佐々木 義之:1、多和田 翔:1、原 あゆみ:1

1:岐阜市民病院・外科

高度急性期病院における緩和ケアチーム活動の現況と課題

CDTMの概念を積極的に導入したチームオンコロジーの多職種協働の取り組みとその評価

演題番号 : WS10-5

鹿島 康薫:1、足立 武則:1、高橋 雅一:1、藤倉 明美:2、浅川 悦子:2、石原 有子:3、小松 英之:3、中島 通世:2、高松 恵子:2、飯塚 千代美:2、原 信寿:1、早乙女 勇:1

1:とちぎメディカルセンター・外科、2:とちぎメディカルセンター・看護部、3:とちぎメディカルセンター・薬剤部

CDTMの概念を積極的に導入したチームオンコロジーの多職種協働の取り組みとその評価

がん専門病院における臨床倫理WS・セミナーに参加した医療者に対するアンケート調査

演題番号 : WS10-6

里見 絵理子:1、清水 千佳子:1、小嶋 リベカ:1、高田 博美:1、吉田 沙蘭:1,2、田代 志門:1

1:国立がん研究センター中央病院・緩和医療科、2:東北大学・大学院

がん専門病院における臨床倫理WS・セミナーに参加した医療者に対するアンケート調査