セッション情報

シンポジウム

第54回・2016年・横浜
シンポジウム
シンポジウム 18
分子標的RIがん治療の新展開
開催回
第54回・2016年・横浜

わが国におけるRI内用療法の現状と将来

演題番号 : S18-1

絹谷 清剛:1

1:金沢大学・大学院医学系研究科・核医学

わが国におけるRI内用療法の現状と将来

国内のRI治療の問題点と解決のための提言

演題番号 : S18-2

東 達也:1、池渕 秀治:2、内山 眞幸:3、織内 昇:4、絹谷 清剛:5、細野 眞:6

1:独立行政法人放射線医学総合研究所・分子イメージング診断治療研究部、2:公益社団法人日本アイソトープ協会・顧問、3:東京慈恵会医科大学・医学部・放射線医学講座、4:福島県立医科大学・ふくしま国際医療科学センター先端臨床研究センター、5:金沢大学・附属病院・核医学診療科、6:近畿大学・医学部附属病院・高度先端総合医療センター

国内のRI治療の問題点と解決のための提言

福島県立医大における標的RI治療の実施と新規治療の開発

演題番号 : S18-3

織内 昇:1、富永 英之:1、粟生木 美穂:1、趙 松吉:1、久保 均:1、竹之下 誠一:1、稲野 彰洋:2、南川 一夫:2

1:福島県立医科大学・先端臨床研究センター、2:福島県立医科大学・医療研究推進センター

福島県立医大における標的RI治療の実施と新規治療の開発

日本のRI行政の課題

演題番号 : S18-4

山下 孝:1、中村 吉秀:1、中村 伸貴:1、古川 修:1、岡 秀子:1、北岡 麻美:1

1:公益社団法人 日本アイソトープ協会

日本のRI行政の課題