セッション情報

シンポジウム

第54回・2016年・横浜
シンポジウム
シンポジウム 11
希少がん治療におけるEBMとは何か?
開催回
第54回・2016年・横浜

GISTに対するエビデンスの構築

演題番号 : S11-1

黒川 幸典:1、辻仲 利政:2、廣田 誠一:3、西田 俊朗:4、土岐 祐一郎:1

1:大阪大学・大学院・消化器外科、2:市立貝塚病院・外科、3:兵庫医科大学・病理学・病理診断部門、4:国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院

GISTに対するエビデンスの構築

小児がんにおける治療開発

演題番号 : S11-2

小川 千登世:1

1:国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院・小児腫瘍科

小児がんにおける治療開発

創薬開発研究を加速する肉腫細胞株パネルの構築

演題番号 : S11-3

中 紀文:1

1:大阪大学・大学院医学系研究科・整形外科

創薬開発研究を加速する肉腫細胞株パネルの構築

骨軟部腫瘍に対する重粒子線治療

演題番号 : S11-4

今井 礼子:1

1:独立行政法人放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院

骨軟部腫瘍に対する重粒子線治療

希少がんの新治療法確立にむけての課題

演題番号 : S11-5

武田 真幸:1

1:近畿大学・医学部・腫瘍内科

希少がんの新治療法確立にむけての課題