セッション情報

一般演題 (示説)

第54回・2016年・横浜
一般演題 (示説)
示説 (Poster) 66
総合 7: 内分泌腫瘍
開催回
第54回・2016年・横浜

消化器症状、血管炎を中心としたストレプトゾシン投与における副作用マネージメント

演題番号 : P66-1

橋本 直弥:1、長谷川 彩子:1、立松 三千子:1,3、肱岡 範:2、岩田 修一:1

1:愛知県がんセンター中央病院・薬剤部、2:愛知県がんセンター中央病院・消化器内科、3:名城大学・大学院薬学研究科

消化器症状、血管炎を中心としたストレプトゾシン投与における副作用マネージメント

レンバチニブ投与後に皮膚瘻を形成後に出血を認めた2例

演題番号 : P66-2

高崎 啓孝:1、岩崎 博幸:2、菅沼 伸康:2、岡本 浩直:2、石山 泰史:1、沼田 歩:1、服部 友歌子:1、板橋 めぐみ:1、山本 晃三:3、酒井 リカ:1

1:地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター・腫瘍内科、2:地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター・乳腺甲状腺外科、3:地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター・皮膚科

レンバチニブ投与後に皮膚瘻を形成後に出血を認めた2例

RR-DTC, MTCおよびATCに対するLenvatinibの使用経験: 5例の報告

演題番号 : P66-3

柴田 伸弘:1、永井 公洋:1、千阪 智美:1,2、川野 理沙:1、山口 秀樹:3、米川 忠人:3、長嶺 和弘:3、中里 雅光:3、松元 裕子:2、谷之木 佑歌:2、松野 織江:1、三輪 真砂子:1、田原 良博:1、日髙 智徳:1、下田 和哉:1

1:宮崎大学・医学部附属病院・がん診療部、2:宮崎大学・医学部附属病院・薬剤部、3:宮崎大学・医学部・内科学講座神経呼吸内分泌代謝学分野

RR-DTC, MTCおよびATCに対するLenvatinibの使用経験: 5例の報告

甲状腺未分化癌における放射線治療の役割

演題番号 : P66-4

河野 佐和:1、橋本 弥一郎:1、石井 由佳:1、泉 佐知子:1、唐澤 久美子:1、岡本 高宏:2、三橋 紀夫:3

1:東京女子医科大学・放射線腫瘍科、2:東京女子医科大学・外科(第二)、3:ひたちなか総合病院・放射線科

甲状腺未分化癌における放射線治療の役割

当科における原発不明神経内分泌腫瘍の後方視的検討

演題番号 : P66-5

奥屋 俊宏:1、船坂 知華子:1、山口 津加彩:1、田村 美宝:1、金政 佑典:1、下山 達:1、小室 泰司:1、前田 善治:1

1:がん・感染症センター都立駒込病院・腫瘍内科

当科における原発不明神経内分泌腫瘍の後方視的検討

StreptozocinによりPRが得られた大腸神経内分泌細胞癌の1例

演題番号 : P66-6

田海 統之:1、森川 充洋:1、呉林 秀崇:1、加藤 成:1、藤本 大裕:1、小練 研司:1、村上 真:1、廣野 靖夫:1、前田 浩幸:1、片山 寛次:2、五井 孝憲:1、山口 明夫:1

1:福井大学・医学部・第一外科、2:福井大学・医学部附属病院・がん診療推進センター

StreptozocinによりPRが得られた大腸神経内分泌細胞癌の1例

薬剤性間質性肺炎が疑われ、その後強皮症と診断された一例

演題番号 : P66-7

中澤 泰子:1、髙橋 秀和:1、矢満田 慎介:2、安田 勝洋:1、江川 貞恵:3、藤井 博司:4、大堀 久詔:1

1:日本赤十字社石巻赤十字病院・腫瘍内科、2:日本赤十字社石巻赤十字病院・呼吸器内科、3:日本赤十字社石巻赤十字病院・皮膚科、4:東北大学・病院・血液・免疫科

薬剤性間質性肺炎が疑われ、その後強皮症と診断された一例

肝転移巣と同時切除を先行した胃神経内分泌細胞癌(NEC)の一例

演題番号 : P66-8

佐藤 佳宏:1、芳賀 淳一郎:1、橋本 敏夫:1、菅野 博隆:1、北村 正敏:1、今 孝志:2、池田 千咲:2、矢尾板 孝夫:2、伊藤 英:1

1:米沢市立病院・外科、2:米沢市立病院・消化器科

肝転移巣と同時切除を先行した胃神経内分泌細胞癌(NEC)の一例

甲状腺癌に対するタイロゲン+30mCiと甲状腺ホルモン休薬法+100mCiによるアブレーションの治療成績の比較

演題番号 : P66-9

川本 晃史:1、二瓶 圭二:1、小川 弘朗:1、蔵本 裕史:1、早川 沙羅:1、布施 かおり:1、伊藤 慶:1、清水口 卓也:1、待鳥 裕美子:1、藤井 元彰:1、唐澤 克之:1

1:がん・感染症センター 都立駒込病院 放射線診療科治療部門

甲状腺癌に対するタイロゲン+30mCiと甲状腺ホルモン休薬法+100mCiによるアブレーションの治療成績の比較