セッション情報

一般演題 (示説)

第54回・2016年・横浜
一般演題 (示説)
示説 (Poster) 45
腎 3: 分子標的治療 (2)
開催回
第54回・2016年・横浜

転移性腎癌に対する2nd-line分子標的薬開始後の予後予測因子として腫瘍量は有用である

演題番号 : P45-1

石原 弘喜:1、近藤 恒徳:1、大前 憲史:1、高木 敏男:1、飯塚 淳平:1、小林 博人:1、田邉 一成:1

1:東京女子医科大学・泌尿器科

転移性腎癌に対する2nd-line分子標的薬開始後の予後予測因子として腫瘍量は有用である

パゾパニブによる肝機能障害に対し、再々挑戦が可能であった腎癌の1例

演題番号 : P45-2

塩﨑 政史:1、小口 智彦:1、下島 雄治:1、山本 哲平:1、飯島 和芳:1、加藤 晴朗:1

1:長野市民病院・泌尿器科

パゾパニブによる肝機能障害に対し、再々挑戦が可能であった腎癌の1例

パゾパニブによる薬剤性肝障害9例の検討

演題番号 : P45-3

竹澤 健太郎:1、奥田 洋平:1、栗林 宗平:1、川村 正隆:1、岸本 望:1、蔦原 宏一:1、谷川 剛:1、高尾 徹也:1、山口 誓司:1

1:地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪府立急性期・総合医療センター・泌尿器科

パゾパニブによる薬剤性肝障害9例の検討

進行性腎癌患者の遺伝子多型とアキシチニブ血中濃度および有害事象との関連解析

演題番号 : P45-4

五十嵐 龍馬:1、井上 高光:1、土谷 順彦:2、藤山 信弘:3、本間 直子:1、成田 伸太郎:1、齋藤 満:1、鶴田 大:1、前野 淳:1、沼倉 一幸:1、佐藤 滋:3、三浦 昌朋:4、羽渕 友則:1

1:秋田大学・大学院医学系研究科・腎泌尿器科学講座、2:山形大学・医学部・腎泌尿器科学講座、3:秋田大学・医学部附属病院・腎疾患先端医療センター、4:秋田大学・医学部附属病院・薬剤部

進行性腎癌患者の遺伝子多型とアキシチニブ血中濃度および有害事象との関連解析

腎細胞癌の治療におけるスニチニブの投与が腎機能におよぼす影響の検討

演題番号 : P45-5

柴崎 嘉之:1、遠藤 穣:1、朴沢 博之:1、赤座 英之:2

1:ファイザー株式会社、2:東京大学・情報学環・学際情報学府・総合癌研究国際戦略推進 寄付講座

腎細胞癌の治療におけるスニチニブの投与が腎機能におよぼす影響の検討

進行性腎細胞癌に対する分子標的薬治療効果予測因子としての好中球/リンパ球比検討

演題番号 : P45-6

宮内 康行:1、尾﨑 悠:1、山﨑 真理:1、松岡 祐貴:1、佐倉 雄馬:1、林田 有史:1、平間 裕美:1、田岡 利宜也:1、常森 寛行:1、上田 修史:1、杉元 幹史:1、筧 善行:1

1:香川大学・医学部附属病院・泌尿器科

進行性腎細胞癌に対する分子標的薬治療効果予測因子としての好中球/リンパ球比検討

進行性腎細胞癌に対する分子標的薬の予後予測因子についての検討

演題番号 : P45-7

古林 伸紀:1、根岸 孝仁:1、山下 拓也:1、草野 脩平:1、中村 元信:1

1:独立行政法人国立病院機構九州がんセンター・泌尿器科

進行性腎細胞癌に対する分子標的薬の予後予測因子についての検討

転移性腎癌における予後予測因子の検討

演題番号 : P45-8

細川 忠宣:1、角田 俊雄:1、中島 英:1、二宮 郁:1、橋根 勝義:1

1:独立行政法人国立病院機構四国がんセンター・泌尿器科

転移性腎癌における予後予測因子の検討

当院におけるSunitinibの投与法の違いによる有効性、安全性の検討

演題番号 : P45-9

福井 直隆:1、福田 翔平:1、神田 敏博:1、影山 幸雄:1

1:埼玉県立がんセンター・泌尿器科

当院におけるSunitinibの投与法の違いによる有効性、安全性の検討