セッション情報

ミニシンポジウム

第54回・2016年・横浜
ミニシンポジウム
ミニシンポジウム 63
乳腺 14: 乳がんにおける腫瘍免疫
開催回
第54回・2016年・横浜

乳癌内分泌療法における腫瘍浸潤リンパ球 (TILs) の臨床的意義

演題番号 : MS63-1

浅野 有香:1、柏木 伸一郎:1、後藤 航:1、田内 幸枝:1、德本 真央:1、森崎 珠実:1、野田 諭:1、高島 勉:1、小野田 尚佳:1、大澤 政彦:2、平川 弘聖:1、大平 雅一:1

1:大阪市立大学・大学院医学研究科・腫瘍外科、2:大阪市立大学・大学院医学研究科・診断病理学

乳癌内分泌療法における腫瘍浸潤リンパ球 (TILs) の臨床的意義

HER2陽性乳癌に対するtrastuzumab併用術前化学療法におけるtumor-infiltrating lymphocytes (TILs),CD8+ TILsおよびPDL-1 の効果および予後因子としての有用性

演題番号 : MS63-2

黒住 献:1,2、井上 賢一:3、黒住 昌史:4、松本 広志:2、堀口 淳:1

1:群馬大学医学部附属病院 乳腺・内分泌外科、2:埼玉県立がんセンター 乳腺外科、3:埼玉県立がんセンター 乳腺腫瘍内科、4:埼玉県立がんセンター 病理診断科

HER2陽性乳癌に対するtrastuzumab併用術前化学療法におけるtumor-infiltrating lymphocytes (TILs),CD8+ TILsおよびPDL-1 の効果および予後因子としての有用性

腫瘍浸潤リンパ球および残存腫瘍量の評価による乳癌術前化学療法後の予後予測

演題番号 : MS63-3

柏木 伸一郎:1、浅野 有香:1、後藤 航:1、森崎 珠実:1、野田 諭:1、高島 勉:1、小野田 尚佳:1、大澤 政彦:2、平川 弘聖:1、大平 雅一:1

1:大阪市立大学・医学部・腫瘍外科、2:大阪市立大学・医学部・診断病理学

腫瘍浸潤リンパ球および残存腫瘍量の評価による乳癌術前化学療法後の予後予測

乳癌患者における血清中IL-18濃度の予後における検討

演題番号 : MS63-4

権田 憲士:1、柴田 昌彦:1,2,3、大竹 徹:3、松本 佳子:3、立花 和之進:3、阿部 宣子:3、志村 龍男:2,3、櫻井 健一:4、竹之下 誠一:3

1:埼玉医科大学・国際医療センタ-・消化器病センター消化器腫瘍科、2:福島県立医科大学・医学部・腫瘍生体エレクトロニクス学講座、3:福島県立医科大学・医学部・器官制御外科学、4:日本大学・医学部・外科学

乳癌患者における血清中IL-18濃度の予後における検討

乳癌再発症例におけるFulvestrantの治療効果とIndoleamine 2,3-dioxygenaseの発現

演題番号 : MS63-5

櫻井 健一:1,2、藤崎 滋:2、安達 慶太:1、鈴木 周平:1,2、増尾 有紀:1、原 由起子:1,2、平野 智寛:1、榎本 克久:1、富田 凉一:2、権田 憲士:3

1:日本大学・医学部・外科学系 乳腺内分泌外科学分野、2:医療法人社団藤崎病院・外科、3:埼玉医科大学・国際医療センタ-・消化器腫瘍科

乳癌再発症例におけるFulvestrantの治療効果とIndoleamine 2,3-dioxygenaseの発現