セッション情報

ミニシンポジウム

第54回・2016年・横浜
ミニシンポジウム
ミニシンポジウム 62
大腸 28: 免疫療法の進化
開催回
第54回・2016年・横浜

大腸癌ペプチド療法の効果を予測するバイオマーカーとしての末梢血マイクロRNAの役割

演題番号 : MS62-1

硲 彰一:1,2、来嶋 大樹:2、恒富 亮一:2、飯田 道久:2、田中 宏典:2、井上 由佳:2、兼清 信介:2、中島 正夫:2、坂本 和彦:2、鈴木 伸明:2、武田 茂:2、上野 富雄:2、山本 滋:2、吉野 茂文:2,3、永野 浩昭:2

1:山口大学・医学部・先端がん治療開発学講座、2:山口大学・大学院医学系研究科・消化器・腫瘍外科学、3:山口大学・医学部附属病院・腫瘍センター

大腸癌ペプチド療法の効果を予測するバイオマーカーとしての末梢血マイクロRNAの役割

大腸癌網羅的遺伝子発現解析による免疫学的な検討

演題番号 : MS62-2

笠原 佑記:1、城田 英和:1、井上 正広:1、高橋 信:1、石岡 千加史:1

1:東北大学・加齢医学研究所・臨床腫瘍学

大腸癌網羅的遺伝子発現解析による免疫学的な検討

CD8+ T細胞上でのCD27とPD-1の発現が癌患者の予後と関与している

演題番号 : MS62-3

赤木 純児:1、村野 武志:1、小森 宏之:1、馬場 秀夫:2

1:玉名地域保険医療センター・外科、2:熊本大学・医学部附属病院・消化器外科

CD8+ T細胞上でのCD27とPD-1の発現が癌患者の予後と関与している

消化器がん患者に対する免疫栄養療法の有用性の検討

演題番号 : MS62-4

白井 由美子:1、奥川 喜永:4,5、菱田 朝陽:6、新谷 実希:1、小川 亜希:2、福迫 朝子:2、岡本 京子:2、小澤 一夫:3、福森 和俊:3、田中 光司:4,5、田中 基幹:4、三木 誓雄:4,5

1:伊賀市立上野総合市民病院・栄養管理課、2:伊賀市立上野総合市民病院・看護部、3:伊賀市立上野総合市民病院・薬剤部、4:伊賀市立上野総合市民病院・腫瘍内科、5:伊賀市立上野総合市民病院・外科、6:名古屋大学・大学院医学系研究科・予防医学

消化器がん患者に対する免疫栄養療法の有用性の検討

大腸癌における新規予後因子ALDOAの検討

演題番号 : MS62-5

河合 賢二:1、植村 守:2、高橋 秀和:1、原口 直紹:1、西村 潤一:1、畑 泰司:1、松田 宙:1、水島 恒和:1、土岐 祐一郎:1、森 正樹:1

1:大阪大学・大学院医学系研究科・外科学講座消化器外科学、2:独立行政法人国立病院大阪医療センター・外科

大腸癌における新規予後因子ALDOAの検討