セッション情報

ミニシンポジウム

第54回・2016年・横浜
ミニシンポジウム
ミニシンポジウム 44
総合 11: 化学療法の安全な施行と副作用対策の最前線
開催回
第54回・2016年・横浜

シスプラチン誘発性悪心・嘔吐に対するリスク因子の包括的解析研究

演題番号 : MS44-1

横井 茉里:1、辻 大樹:1、鈴木 賢一:2、川崎 洋平:3、中尾 將彦:4、鮎原 秀明:5、小暮 友毅:6、柴田 和彦:7、林 稔展:8、武田 晃司:9、西尾 誠人:10、濱 敏弘:2、伊藤 邦彦:1

1:静岡県立大学・薬学部・臨床薬効解析学分野、2:公益財団法人がん研究会有明病院・薬剤部、3:静岡県立大学・薬学部・医薬品情報解析学分野、4:大阪市立総合医療センター・薬剤部、5:東京医科大学・病院・薬剤部、6:独立行政法人国立病院機構四国がんセンター・薬剤部、7:富山県厚生農業協同組合連合会高岡病院・腫瘍内科、8:独立行政法人国立病院機構九州医療センター・薬剤部、9:大阪市立総合医療センター・腫瘍内科、10:公益財団法人がん研究会有明病院・呼吸器内科

シスプラチン誘発性悪心・嘔吐に対するリスク因子の包括的解析研究

制吐作用を目的としたオランザピン10mgと5mgの有効性と安全性を評価する用量設定試験

演題番号 : MS44-2

中山 季昭:1、酒井 洋:2、矢内 貴子:3、橋本 浩伸:3、後藤 悌:4、瀧口 友美:5、大柳 文義:6、中尾 將彦:7、武田 晃司:8、新井 隆広:9、湊 浩一:10、鈴木 賢一:5、岩佐 悟:11、長島 健悟:12、山本 昇:11

1:埼玉県立がんセンター・薬剤部、2:埼玉県立がんセンター・呼吸器内科、3:国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院・薬剤部、4:国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院・呼吸器内科、5:公益財団法人がん研究会有明病院・薬剤部、6:公益財団法人がん研究会有明病院・呼吸器内科、7:大阪市立総合医療センター・薬剤部、8:大阪市立総合医療センター・腫瘍内科、9:群馬県立がんセンター・薬剤部、10:群馬県立がんセンター・呼吸器内科、11:国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院・先端医療科、12:千葉大学・大学院・医学研究院 グローバル臨床試験学

制吐作用を目的としたオランザピン10mgと5mgの有効性と安全性を評価する用量設定試験

化学療法による末梢神経障害に対するトラマドール/アセトアミノフェン配合錠の有効性

演題番号 : MS44-3

成毛 大輔:1、河合 桐男:1、岡野 尚弘:1、小林 敬明:1、長島 文夫:1、古瀬 純司:1

1:杏林大学・医学部・腫瘍内科学

化学療法による末梢神経障害に対するトラマドール/アセトアミノフェン配合錠の有効性

血管新生阻害薬における尿定性と尿蛋白定量/尿クレアチニン比による投与可否の検討

演題番号 : MS44-4

鈴木 栄:1、新津 京介:1、清崎 浩一:2、堀口 久光:1、力山 敏樹:2

1:自治医科大学・附属さいたま医療センター・薬剤部、2:自治医科大学・附属さいたま医療センター・一般消化器外科

血管新生阻害薬における尿定性と尿蛋白定量/尿クレアチニン比による投与可否の検討

がん薬物療法の安全性評価と苦痛度評価の相関

演題番号 : MS44-5

今田 洋司:1、佐藤 温:1、高畑 武功:1、斎藤 絢介:1、陳 豫:1

1:弘前大学・医学部・腫瘍内科

がん薬物療法の安全性評価と苦痛度評価の相関