セッション情報

ミニシンポジウム

第54回・2016年・横浜
ミニシンポジウム
ミニシンポジウム 19
食道 1: 食道がんのバイオマーカー
開催回
第54回・2016年・横浜

食道扁平上皮癌におけるPD-L1発現様式と臨床病理学的意義の検討

演題番号 : MS19-1

佐伯 浩司:1、堤 智崇:1、伊藤 修平:2、堤 亮介:1、西村 章:1、中司 悠:1、工藤 健介:1、秋山 真吾:1、田尻 裕匡:1、中西 良太:1、藏重 淳二:1、杉山 雅彦:1、中島 雄一郎:1、沖 英次:1、前原 喜彦:1

1:九州大学・大学院・消化器・総合外科、2:九州大学・病院別府病院・外科

食道扁平上皮癌におけるPD-L1発現様式と臨床病理学的意義の検討

食道癌におけるMLH-1発現と化学療法の有効性についての検討

演題番号 : MS19-2

百瀬 洸太:1、山﨑 誠:1、田中 晃司:1、牧野 知紀:1、宮﨑 安弘:1、高橋 剛:1、黒川 幸典:1、中島 清一:1、瀧口 修司:1、森 正樹:1、土岐 祐一郎:1

1:大阪大学・大学院医学系研究科・消化器外科

食道癌におけるMLH-1発現と化学療法の有効性についての検討

食道扁平上皮癌と食道胃接合部腺癌に対するプロジェクトHOPEによる遺伝子解析

演題番号 : MS19-3

坪佐 恭宏:1、新原 正大:1、眞柳 修平:1、寺島 正典:2、坂東 悦郎:2、川村 泰一:2、谷澤 豊:2、徳永 正則:2、幕内 梨恵:2、大浪 俊平:3、楠原 正俊:4、山口 建:5

1:静岡県立静岡がんセンター・食道外科、2:静岡県立静岡がんセンター・胃外科、3:静岡県立静岡がんセンター・研究所診断技術開発研究部、4:静岡県立静岡がんセンター・研究所地域資源研究部、5:静岡県立静岡がんセンター

食道扁平上皮癌と食道胃接合部腺癌に対するプロジェクトHOPEによる遺伝子解析

DCF療法の効果予測としての免疫担当細胞の解析

演題番号 : MS19-4

武岡 奉均:1,2、和田 尚:2、田中 晃司:1、宮崎 安弘:1、牧野 知紀:1、高橋 剛:1、黒川 幸典:1、山崎 誠:1、瀧口 修司:1、中島 清一:1、森 正樹:1、土岐 祐一郎:1

1:大阪大学・大学院医学系研究科・消化器外科、2:大阪大学・大学院医学系研究科・臨床腫瘍免疫学

DCF療法の効果予測としての免疫担当細胞の解析

RFC3過剰発現の食道扁平上皮癌における意義

演題番号 : MS19-5

宮前 眞人:1,2、小松 周平:1、市川 大輔:1、大橋 拓馬:1、平島 相治:1、木内 純:1、今村 泰輔:1、岡島 航:1、小西 博貴:1、塩崎 敦:1、藤原 斉:1、津田 均:3、大辻 英吾:1

1:京都府立医科大学・大学院医学系研究科・消化器外科学教室、2:白浜はまゆう病院・外科、3:防衛医科大学校・病理学教室

RFC3過剰発現の食道扁平上皮癌における意義