セッション情報

ワークショップ

第53回・2015年・京都
ワークショップ
ワークショップ92
がん治療支持療法の進歩
開催回
第53回・2015年・京都

オピオイド誘発性の便秘症を有するがん患者を対象としたnaldemedineの第2相臨床試験

演題番号 : WS92-1

奈良林 至:1、片上 信之:2、小田 高司:3、田内 克典:4、中田 健:5、篠崎 勝則:6、奥野 元保:3、河合 泰一:7、菊川 浩明:8、鈴木 隆二郎:9、中澤 秀雄:10、小島 寛:11、水谷 三浩:12、原 徹:13、朴 成和:14

1:公益財団法人がん研究会有明病院、2:財団法人先端医療振興財団先端医療センター、3:愛知県がんセンター愛知病院、4:社会医療法人財団慈泉会相澤病院、5:市立堺病院、6:県立広島病院、7:福井県立病院、8:国立病院機構熊本医療センター、9:豊橋市民病院、10:磐田市立総合病院、11:筑波大学病院茨城県地域臨床教育センター、12:三河乳がんクリニック、13:愛知県厚生農業協同組合連合会安城更生病院、14:聖マリアンナ医科大学

オピオイド誘発性の便秘症を有するがん患者を対象としたnaldemedineの第2相臨床試験

がん性疼痛、オキサリプラチン誘発神経障害性疼痛に対するオキシコドン投与の有効性

演題番号 : WS92-2

長島 誠:1、大城 充:1、森山 彩子:1、門屋 健吾:1、川満 健太郎:1、佐藤 礼実:1、北原 知晃:1、高木 隆一:1、鈴木 淳一:1、瓜田 佑:1、吉田 豊:1、田中 宏:1、大城 崇司:1、岡住 慎一:1、加藤 良二:1

1:東邦大学医療センター佐倉病院外科

がん性疼痛、オキサリプラチン誘発神経障害性疼痛に対するオキシコドン投与の有効性

化学療法誘発性末梢神経障害に対するデュロキセチンの効果:パイロットランダム化試験

演題番号 : WS92-3

平山 泰生:1、照井 健:1、日下部 俊朗:3、神原 悠輔:1、中嶋 千紗:3、石谷 邦彦:2

1:医療法人東札幌病院血液腫瘍科、2:医療法人東札幌病院緩和ケア科、3:医療法人東札幌病院消化器科

化学療法誘発性末梢神経障害に対するデュロキセチンの効果:パイロットランダム化試験

高度催吐性化学療法に対する標準制吐療法とオランザピン併用の有効性:第2相臨床試験

演題番号 : WS92-4

安部 正和:1、笠松 由佳:1、角 暢浩:1、久慈 志保:1、田中 晶:1、高橋 伸卓:1、武隈 宗孝:1、平嶋 泰之:1、市川 義一:2、糸永 由衣:3、平川 東望子:3、奈須 家栄:3、村上 淳子:4、宮城 香乃子:4、伊藤 公彦:4

1:静岡県立静岡がんセンター婦人科、2:日本赤十字社静岡赤十字病院産婦人科、3:大分大学医学部附属病院産婦人科、4:独立行政法人労働者健康福祉機構関西労災病院産婦人科

高度催吐性化学療法に対する標準制吐療法とオランザピン併用の有効性:第2相臨床試験

MECに伴う5-HT3 RAとdexamethasone併用下でのCINVに関する多施設共同前向観察研究

演題番号 : WS92-5

小暮 友毅:1、松井 礼子:2、野上 尚之:1、鈴木 賢一:3、瀧口 友美:3、西尾 誠人:3、小池 健志:2、林 稔展:4、瀬戸 貴司:5、藤原 季美子:6、金田 裕靖:6、原田 知彦:7、木村 仁:8、下川 元継:5、後藤 功一:2

1:独立行政法人国立病院機構四国がんセンター、2:独立行政法人国立がん研究センター東病院、3:公益財団法人がん研究会有明病院、4:独立行政法人国立病院機構九州医療センター、5:独立行政法人国立病院機構九州がんセンター、6:近畿大学医学部附属病院、7:地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター、8:静岡県立静岡がんセンター

MECに伴う5-HT<sub>3</sub> RAとdexamethasone併用下でのCINVに関する多施設共同前向観察研究

EQ-5Dを用いた苦痛のスクリーニング法の有用性

演題番号 : WS92-6

宇良 敬:1

1:愛知県がんセンター中央病院薬物療法部

EQ-5Dを用いた苦痛のスクリーニング法の有用性