セッション情報

ワークショップ

第53回・2015年・京都
ワークショップ
ワークショップ86
女性がん患者のQOL
開催回
第53回・2015年・京都

婦人科悪性腫瘍手術によるリンパ節郭清術後のセルフリンパドレナージの効果-第2報-

演題番号 : WS86-1

蒔田 侑子:1、藤井 芽久美:1、冨澤 恵里:1、坂谷 真由:1、石川 智尋:1、山田 明生子:1、山越 節子:1、黒川 哲司:2、上澤 悦子:3

1:福井大学医学部附属病院看護部、2:福井大学医学部附属病院 産科婦人科医局、3:福井大学医学部看護学科

婦人科悪性腫瘍手術によるリンパ節郭清術後のセルフリンパドレナージの効果-第2報-

PDEによる婦人科がん患者術前術後リンパ流検討と下肢リンパ浮腫の早期発見治療の試み

演題番号 : WS86-2

本郷 淳司:1、品岡 玲:2,3、越宗 靖二郎:2、岡本 和弘:1、堀口 育代:1、永坂 久子:1、高田 雅代:1、齋藤 央:1、米澤 優:1

1:香川県立中央病院産婦人科、2:香川県立中央病院形成外科、3:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科形成外科

PDEによる婦人科がん患者術前術後リンパ流検討と下肢リンパ浮腫の早期発見治療の試み

婦人科癌手術後のリンパ浮腫発症の実態---浮腫予防介入や術後化学療法の影響は?---

演題番号 : WS86-3

宇津木 久仁子:1,2、田端 聡:2、堀 真理子:2、松尾 千穂:2、杉山 裕子:1、竹島 信宏:1

1:公益財団法人癌研究会がん研有明病院婦人科、2:公益財団法人がん研究会有明病院リンパ浮腫治療室

婦人科癌手術後のリンパ浮腫発症の実態---浮腫予防介入や術後化学療法の影響は?---

子宮頸癌治療後のQOLに関する多施設共同研究 -放射線療法群と手術療法群の比較-

演題番号 : WS86-4

兼安 祐子:1,15、藤原 久也:2、西村 哲夫:3、大野 達也:4、櫻井 英幸:5、加藤 真吾:6、楮本 智子:7、生島 仁史:8、宇野 隆:9、徳丸 直郎:10、播磨 洋子:11、戸板 孝文:12、五味 弘道:13、喜多 みどり:14、永田 靖:15

1:独立行政法人国立病院機構福山医療センター放射線治療科、2:独立行政法人労働者健康福祉機構中国労災病院産婦人科、3:静岡県立静岡がんセンター放射線治療科、4:群馬大学重粒子線医学研究センター、5:筑波大学大学院放射線腫瘍学分野、6:埼玉医科大学国際医療センター放射線腫瘍科、7:埼玉県立がんセンター放射線科、8:徳島大学大学院放射線治療学分野、9:千葉大学大学院放射線医学、10:佐賀大学医学部附属病院放射線科、11:関西医科大学附属滝井病院放射線科、12:琉球大学大学院医学研究科放射線診断治療学、13:聖マリアンナ医科大学放射線治療センター、14:東京都立多摩総合医療センター診療放射線科、15:広島大学大学院医歯薬学総合研究科放射線腫瘍学

子宮頸癌治療後のQOLに関する多施設共同研究 -放射線療法群と手術療法群の比較-

婦人科がん術後における尿失禁の発症率とQOLとの関係

演題番号 : WS86-5

中山 紀子:1、辻 哲也:2、青山 誠:1、藤野 敬史:3

1:医療法人渓仁会手稲渓仁会病院リハビリテーション部、2:慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室、3:医療法人渓仁会手稲渓仁会病院産婦人科

婦人科がん術後における尿失禁の発症率とQOLとの関係

乳癌周術期患者における家事に関するquality of lifeの関連因子

演題番号 : WS86-6

菊内 祐人:1、中田 英二:1,2、明崎 禎輝:1、冨永 律子:1、清藤 佐知子:3、青儀 健二郎:3、大住 省三:3、山下 夏美:4、土井 美幸:5、杉原 進介:1,2

1:独立行政法人国立病院機構四国がんセンターリハビリテーション科、2:独立行政法人国立病院機構四国がんセンター整形外科、3:独立行政法人国立病院機構四国がんセンター乳腺外科、4:独立行政法人国立病院機構四国がんセンター臨床研究センター、5:独立行政法人国立病院機構四国がんセンター看護部

乳癌周術期患者における家事に関するquality of lifeの関連因子