セッション情報

ワークショップ

第53回・2015年・京都
ワークショップ
ワークショップ53
子宮体がん治療の個別化を目指して
開催回
第53回・2015年・京都

子宮体癌における筋層浸潤および組織型の術前評価に対する診断精度

演題番号 : WS53-1

矢野 友梨:1、長谷川 幸清:1、鷹野 夏子:1、佐藤 翔:1、小笠原 仁子:1、宮坂 亞希:1、藪野 彰:1、今井 雄一:1、黒崎 亮:1、吉田 裕之:1、藤原 恵一:1

1:埼玉医科大学国際医療センター婦人科腫瘍科

子宮体癌における筋層浸潤および組織型の術前評価に対する診断精度

子宮体部癌肉腫はMRIにおける造影不良域が予後因子となる

演題番号 : WS53-2

井上 彩美:1、山口 建:1、馬場 長:1、滝 真奈:1、安彦 郁:1、濱西 潤三:1、吉岡 弓子:1、越山 雅文:1、近藤 英治:1、松村 謙臣:1、小西 郁生:1

1:京都大学医学部附属病院産科婦人科

子宮体部癌肉腫はMRIにおける造影不良域が予後因子となる

当センターにおける子宮体癌リンパ節郭清の個別化の有効性:横浜市大症例と比較

演題番号 : WS53-3

今井 一章:1、加藤 久盛:1、中西 一歩:1、川野 藍子:1、井浦 文香:1、近内 勝幸:1、小野瀬 亮:1、片山 佳代子:2、宮城 悦子:3、平原 史樹:3

1:地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター婦人科、2:地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター臨床研究所がん予防・情報学部、3:横浜市立大学附属病院産婦人科

当センターにおける子宮体癌リンパ節郭清の個別化の有効性:横浜市大症例と比較

進行・再発子宮体癌に対する経口シクロホスファミドの有用性

演題番号 : WS53-4

村上 幸祐:1、中井 英勝:1、藤島 理沙:1、宮川 知保:1、青木 稚人:1、貫戸 明子:1、高矢 寿光:1、浮田 真沙世:1、小谷 泰史:1、島岡 昌生:1、飛梅 孝子:1、辻 勲:1、鈴木 彩子:1、万代 昌紀:1

1:近畿大学医学部産科婦人科学教室

進行・再発子宮体癌に対する経口シクロホスファミドの有用性

進行・再発子宮体がんに対する塩酸イリノテカン単剤療法臨床第II相試験

演題番号 : WS53-5

西尾 真:1、深川 知明:1、田崎 慎吾:1、中島 三佳:1、綱脇 瑠璃香:1、田崎 和人:1、三嶋 すみれ:1、津田 尚武:1、河野 光一郎:1、園田 豪之介:1、駒井 幹:1、牛嶋 公生:1

1:久留米大学医学部産科婦人科学教室

進行・再発子宮体がんに対する塩酸イリノテカン単剤療法臨床第II相試験

40歳以上の子宮体癌に対する高用量MPA療法は有用か

演題番号 : WS53-6

山上 亘:1、進 伸幸:1、坂井 健良:1、真壁 健:1、二宮 委美:1、和田 美智子:1、野村 弘行:1、片岡 史夫:1、平沢 晃:1、阪埜 浩司:1、青木 大輔:1

1:慶應義塾大学医学部産婦人科

40歳以上の子宮体癌に対する高用量MPA療法は有用か