セッション情報

ワークショップ

第53回・2015年・京都
ワークショップ
ワークショップ31
大腸がんの包括的ゲノム解析
開催回
第53回・2015年・京都

予後規定因子となる大腸癌関連遺伝子変異の検討

演題番号 : WS31-1

樋口 晃生:1、里吉 哲太:1、村川 正明:1、渥美 陽介:1、山奥 公一朗:1、青山 徹:1、金澤 周:1、大島 貴:2、森永 聡一郎:1、利野 靖:2、笠島 理加:3、宮城 洋平:3、益田 宗孝:2、塩澤 学:1

1:地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター消化器外科、2:横浜市立大学附属病院外科治療学、3:地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター臨床研究所

予後規定因子となる大腸癌関連遺伝子変異の検討

StageII/III結腸癌の再発リスク予測としてのOncotype Dx Colon Cancer Assayの有用性

演題番号 : WS31-2

金澤 旭宣:1、山中 竹春:2、山崎 健太郎:3、山口 研成:4、室 圭:5、池田 正孝:6、楠本 哲也:7、植竹 宏之:8、佐藤 武郎:9、加藤 健志:10、仁科 智裕:11、沖 英次:12、赤木 究:13、大橋 靖雄:14、吉野 孝之:15

1:公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院消化器センター外科、2:横浜市立大学大学院医学研究科医学研究科臨床統計学、3:静岡県立静岡がんセンター消化器内科、4:埼玉県立がんセンター消化器内科、5:愛知県がんセンター中央病院薬物療法部、6:独立行政法人国立病院機構大阪医療センター外科、7:独立行政法人国立病院機構九州医療センター消化器センター外科・がん臨床研究部、8:東京医科歯科大学大学院総合外科、9:北里大学医学部外科、10:独立行政法人労働者健康福祉機構関西労災病院下部消化器外科、11:独立行政法人国立病院機構四国がんセンター消化器内科、12:九州大学大学院外科分子治療学、13:埼玉県立がんセンター腫瘍診断・予防科、14:中央大学理工学部人間総合理工学科 生物統計学、15:独立行政法人国立がん研究センター東病院消化管内科

StageII/III結腸癌の再発リスク予測としてのOncotype Dx Colon Cancer Assayの有用性

愛知大腸がん遺伝子プロファイル研究(1) 原発部位と遺伝子変異の関連

演題番号 : WS31-3

中山 裕史:1、中山 吾郎:2、上原 圭介:12、大河内 治:11、近藤 千紘:5、松岡 宏:3、宇都宮 節夫:9、坂本 英至:6、奥村 徳夫:8、梅田 晋一:10、澤田 武:4、小森 康司:14、谷口 浩也:7、室 圭:7、谷田部 恭:13

1:独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター外科、2:名古屋大学大学院医学系研究科消化器外科学、3:藤田保健衛生大学病院下部消化管外科、4:名古屋市立大学病院消化器内科、5:名古屋第一赤十字病院化学療法内科、6:名古屋第二赤十字病院一般消化器外科、7:愛知県がんセンター中央病院薬物療法部、8:愛知県厚生農業協同組合連合会渥美病院外科、9:JA愛知厚生連海南病院腫瘍内科、10:名鉄病院外科、11:公立陶生病院外科、12:名古屋大学大学院医学系研究科腫瘍外科学、13:愛知県がんセンター中央病院遺伝子病理診断部、14:愛知県がんセンター中央病院消化器外科部

愛知大腸がん遺伝子プロファイル研究(1) 原発部位と遺伝子変異の関連

ゲノムスクリーニングネットワークの将来像 - 愛知大腸がん遺伝子プロファイル研究(2)

演題番号 : WS31-4

谷口 浩也:1、中山 裕史:5、高野 奈緒:6、上原 圭介:6、鹿野 敏雄:8、石榑 清:7、横山 裕之:9、田近 正洋:4、小森 康司:3、室 圭:1、柴田 典子:2、谷田部 恭:2

1:愛知県がんセンター中央病院薬物療法部、2:愛知県がんセンター中央病院遺伝子病理診断部、3:愛知県がんセンター中央病院消化器外科部、4:愛知県がんセンター中央病院内視鏡部、5:独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター、6:名古屋大学医学部附属病院、7:愛知県厚生農業協同組合連合会江南厚生病院、8:市立四日市病院、9:小牧市民病院

ゲノムスクリーニングネットワークの将来像 - 愛知大腸がん遺伝子プロファイル研究(2)

愛知大腸癌遺伝子プロファイリングの当院症例での検討

演題番号 : WS31-5

多代 充:1、中山 裕史:1、川角 佑太:1、稲垣 公太:1、木下 Mitsuru:1、Hasegawa Kazuya:1、加藤 公一:1、片岡 政人:1、竹田 伸:1、近藤 建:1

1:独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター

愛知大腸癌遺伝子プロファイリングの当院症例での検討

StageⅣ大腸癌一次治療におけるRAS/PIK3CA/BRAF遺伝子変異とbevacizumabの治療効果

演題番号 : WS31-6

中山 厳馬:1、篠崎 英司:1、松島 知広:1、若槻 尊:1、小倉 真理子:1、市村 崇:1、尾阪 将人:1、高張 大亮:1、末永 光邦:1、陳 勁松:1、水沼 信之:1

1:公益財団法人がん研究会有明病院

StageⅣ大腸癌一次治療におけるRAS/PIK3CA/BRAF遺伝子変異とbevacizumabの治療効果