セッション情報

ワークショップ

第53回・2015年・京都
ワークショップ
ワークショップ30
乳がん化学療法の新展開
開催回
第53回・2015年・京都

HER2陽性乳癌における術後補助TCbH(Docetaxel+Carboplatin+Trastuzumab)療法の経験

演題番号 : WS30-1

前田 訓子:1、山本 滋:1、西山 光郎:1、北原 正博:1、井上 由佳:1、徳光 幸生:1、兼清 信介:1、筒井 理仁:1、永野 浩昭:1

1:山口大学大学院医学系研究科消化器・腫瘍外科学分野

HER2陽性乳癌における術後補助TCbH(Docetaxel+Carboplatin+Trastuzumab)療法の経験

HER2陽性進行乳癌に対する術前薬物療法としてのEC-HER+DTX療法:HER2NAT、5年目の解析

演題番号 : WS30-2

吉田 敦:1、中村 清吾:2、佐伯 俊昭:3、青儀 健二郎:4、柏葉 匡寛:5、佐藤 信昭:6、増田 慎三:7、雷 哲明:8、大野 真司:9、黒井 克昌:10、西村 令喜:11、都田 佳子:12、秋山 太:13、黒住 昌史:14、池田 正:15

1:聖路加国際病院乳腺外科、2:昭和大学医学部乳腺外科、3:埼玉医科大学国際医療センター乳腺腫瘍科、4:独立行政法人国立病院機構四国がんセンター化学療法科、5:岩手医科大学医学部外科学講座、6:新潟県立がんセンター新潟病院乳腺外科、7:独立行政法人国立病院大阪医療センター乳腺外科、8:社会医療法人博愛会相良病院、9:独立行政法人国立病院機構九州がんセンター乳腺科、10:がん・感染症センター都立駒込病院、11:熊本市立熊本市民病院、12:公益財団法人先端医療振興財団、13:公益財団法人癌研究会がん研究所、14:埼玉県立がんセンター病理診断科、15:帝京大学医学部腫瘍外科

HER2陽性進行乳癌に対する術前薬物療法としてのEC-HER+DTX療法:HER2NAT、5年目の解析

手術可能乳癌に対するweekly nab-PTX followed by FEC療法の検討

演題番号 : WS30-3

関 大仁:1、浅沼 史樹:1、山田 好則:1、上田 知美:2、森永 正二郎:3、金田 宗久:4、鈴木 慶一:4、神谷 紀輝:4、石井 良幸:4、大作 昌義:4、池田 正:1

1:北里大学北里研究所病院ブレストセンター、2:北里大学北里研究所病院腫瘍センター、3:北里大学北里研究所病院病理診断科、4:北里大学北里研究所病院外科

手術可能乳癌に対するweekly nab-PTX followed by FEC療法の検討

当科の転移性乳癌におけるBevacizumab+Paclitaxel療法の有用性の検討

演題番号 : WS30-4

大地 哲也:1、神尾 孝子:1、神尾 英則:1、塚田 弘子:1、志鎌 杏子:1、野上 真子:1、野口 英一郎:1

1:東京女子医科大学第2外科

当科の転移性乳癌におけるBevacizumab+Paclitaxel療法の有用性の検討

Her2陰性再発乳癌へのカペシタビンとシクロホスファミド療法の観察研究(KBC-SG0901)

演題番号 : WS30-5

増野 浩二郎:1、田中 眞紀:3、山口 美樹:3、西村 令喜:4、田中 俊裕:7、上尾 裕昭:5、吉山 知幸:2、光山 昌珠:6、田村 和夫:7

1:大分県立病院外科、2:独立行政法人国立病院機構九州がんセンター乳腺科、3:独立行政法人地域医療機能推進機構久留米総合病院乳腺外科、4:熊本市立熊本市民病院乳腺・内分泌外科、5:うえお乳腺外科、6:北九州市立医療センター外科、7:福岡大学病院腫瘍・血液・感染症内科

Her2陰性再発乳癌へのカペシタビンとシクロホスファミド療法の観察研究(KBC-SG0901)

転移・再発乳癌に対する低用量アブラキサンの治療継続性を検討する第Ⅱ相試験

演題番号 : WS30-6

山本 滋:1、前田 訓子:1、長島 由紀子:2、前田 和成:1、久保 秀文:3、松井 洋人:1、井上 由佳:1、新藤 芳太郎:1、筒井 理仁:1、永野 浩昭:1

1:山口大学大学院医学系研究科消化器・腫瘍外科学、2:下関医療センター乳腺・甲状腺外科、3:徳山中央病院外科

転移・再発乳癌に対する低用量アブラキサンの治療継続性を検討する第Ⅱ相試験