セッション情報

日本癌治療学会特別緊急シンポジウム

第53回・2015年・京都
日本癌治療学会特別緊急シンポジウム
日本癌治療学会特別緊急シンポジウム
現状では市販後自主的臨床試験が日本から消えるかも!
開催回
第53回・2015年・京都

臨床試験グループOGSGでの実績と将来展望について(予定)

演題番号 : -

辻仲 利政:1

1:研究事務局を持たない臨床試験グループ代表

臨床試験グループOGSGでの実績と将来展望について(予定)

標準治療は、治験ではなく、研究者主導市販後臨床試験により確立される

演題番号 : -

島田 安博:1

1:研究事務局を持つ臨床試験グループ代表

標準治療は、治験ではなく、研究者主導市販後臨床試験により確立される

日本医療研究開発機構(AMED)におけるがん研究事業の概要について

演題番号 : -

佐藤 礼子:1

1:日本医療研究開発機構(AMED) 戦略推進部がん研究課

日本医療研究開発機構(AMED)におけるがん研究事業の概要について

抗がん剤:適正使用ためのエビデンス創出を考える -育薬における製販後臨床試験の役割-

演題番号 : -

稲垣 治:1

1:日本製薬工業協会 医薬品評価委員会

抗がん剤:適正使用ためのエビデンス創出を考える -育薬における製販後臨床試験の役割-

患者(国民)のための市販後臨床試験の国家戦略的推進を!

演題番号 : -

外山 千也:1

1:がん研究振興財団/元厚生労働省健康局

患者(国民)のための市販後臨床試験の国家戦略的推進を!

市販後臨床試験を知ろう、声を上げよう ! 〜患者に合った有効で安全な治療法を得るために〜

演題番号 : -

濱本 満紀:1

1:がんと共に生きる会

市販後臨床試験を知ろう、声を上げよう ! 〜患者に合った有効で安全な治療法を得るために〜

日本が進むべき市販後臨床試験とは、社会に貢献するために!

演題番号 : -

宮田 満:1

1:日経BP社特命編集委員

日本が進むべき市販後臨床試験とは、社会に貢献するために!

演題番号 : -

田口 鐵男:1

1:大阪癌研究会

-