セッション情報

シンポジウム

第53回・2015年・京都
シンポジウム
シンポジウム10
“がんと生きる”をサポート(7) ―がん教育を推進
開催回
第53回・2015年・京都

患者の体験談ががん教育に必要な理由

演題番号 : S10-1

阿南 里恵:1

1:NPO法人日本がん・生殖医療研究会患者ネットワーク

患者の体験談ががん教育に必要な理由

産婦人科医の立場で行うティーンエイジからの「がん教育」

演題番号 : S10-2

片渕 秀隆:1

1:熊本大学大学院生命科学研究部先端生命医療科学部門産科婦人科学分野

産婦人科医の立場で行うティーンエイジからの「がん教育」

豊島区における『がんに関する教育』の取組み

演題番号 : S10-3

細山 貴信:1

1:豊島区教育委員会教育部指導課

豊島区における『がんに関する教育』の取組み

がん教育の実践とその在り方

演題番号 : S10-4

中川 恵一:1

1:東京大学医学部附属病院放射線科

がん教育の実践とその在り方

ソーシャルマーケティングを応用した小学生のがん教育

演題番号 : S10-5

山本 精一郎:1、溝田 友里:1

1:国立がん研究センター保健政策研究部

ソーシャルマーケティングを応用した小学生のがん教育

海外のがん教育から日本のがん教育のあり方への提案

演題番号 : S10-6

望月 友美子:1

1:国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター

海外のがん教育から日本のがん教育のあり方への提案