セッション情報

一般演題 (示説)

第53回・2015年・京都
一般演題 (示説)
示説131
Liver 1:Biomarker
開催回
第53回・2015年・京都

肝癌細胞株における浸潤能と糖鎖異常の解析

演題番号 : P131-1

高橋 秀徳:1、柿坂 達彦:1、神山 俊哉:1、相山 健:1、島田 慎吾:1、若山 顕治:1、折茂 達也:1、敦賀 陽介:1、蒲池 浩文:1、横尾 英樹:1、田中 誠一:2、西村 紳一郎:3、武冨 紹信:1

1:北海道大学大学院医学研究科消化器外科I、2:医化学創薬株式会社、3:北海道大学大学院先端生命科学研究院

肝癌細胞株における浸潤能と糖鎖異常の解析

胆道癌細胞株と肝細胞癌細胞株におけるautophagyと細胞増殖の検討

演題番号 : P131-2

横井 謙太:1、小林 聡:1、竹岡 みち子:1、宮川 眞一:1

1:信州大学医学部外科学教室(一)

胆道癌細胞株と肝細胞癌細胞株におけるautophagyと細胞増殖の検討

c-Met高発現肝細胞癌の臨床像

演題番号 : P131-3

松井 聡:1、長田 真二:1、佐々木 義之:2、今井 寿:2、棚橋 利行:2、田中 善宏:2、松橋 延壽:2、奥村 直樹:2、高橋 孝夫:2、二村 学:2、山口 和也:2、吉田 和弘:2

1:岐阜大学大学院医学系研究科肝胆膵・がん集学的治療学講座、2:岐阜大学大学院医学系研究科腫瘍外科

c-Met高発現肝細胞癌の臨床像

肝胆膵領域癌に対する治療標的としてのASPHの解析

演題番号 : P131-4

藍原 有弘:1,2、Huang Chiung-kuei:2、Olsen Mark:3、Chung Waihong:2、Tang Qi:4、Dong Xiaoqun:4、田中 真二:5、田邉 稔:1、Wands Jack:2

1:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科肝胆膵外科、2:Liver Research Center, Brown University、3:Department of Pharmaceutical Sciences, Midwestern University、4:Department of Biomedical and Pharmaceutical Science, The University of Rhode Island、5:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科分子腫瘍医学

肝胆膵領域癌に対する治療標的としてのASPHの解析

ICG蛍光システムによる存在診断を行った肝細胞癌の一例

演題番号 : P131-5

安藤 慶:2、青木 大:2、下之薗 将貴:2、瀬戸山 徹郎:2、有留 邦明:2、前之原 茂穂:2、夏越 祥次:1

1:鹿児島大学医学部消化器・乳腺甲状腺外科学、2:鹿児島厚生連病院外科

ICG蛍光システムによる存在診断を行った肝細胞癌の一例

十二指腸ファーター乳頭部癌術後経過観察中に認めた肝細胞癌の1切除例

演題番号 : P131-6

坂東 正:1、塚田 一博:2、井村 穣二:3

1:富山県済生会富山病院外科、2:富山大学大学院医学薬学研究部消化器・腫瘍・総合外科、3:富山大学大学院医学薬学研究部病理診断学

十二指腸ファーター乳頭部癌術後経過観察中に認めた肝細胞癌の1切除例

高度肝障害を伴う肝癌に対する腹腔鏡下肝切除術の意義

演題番号 : P131-7

合川 公康:1、宮澤 光男:1、岡田 克也:1、渡邉 幸博:1、石田 慎悟:1、岡本 光順:1、山口 茂樹:1、櫻本 信一:1、小山 勇:1

1:埼玉医科大学国際医療センター消化器病センター

高度肝障害を伴う肝癌に対する腹腔鏡下肝切除術の意義

肝細胞癌に対する腹腔鏡下肝切除の成績

演題番号 : P131-8

武田 裕:1、大村 仁昭:1、桂 宜輝:1、中平 伸:1,2、佐藤 泰史:1、森本 祥悠:1、桑原 隆一:1、村上 剛平:1、内藤 敦:1、沖代 格次:1、賀川 義規:1、竹野 淳:1、柄川 千代美:1、加藤 健志:1、田村 茂行:1

1:独立行政法人労働者健康福祉機構関西労災病院外科、2:独立行政法人国立病院機構呉医療センター・中国がんセンター外科

肝細胞癌に対する腹腔鏡下肝切除の成績

肝細胞がんに対する治癒切除後の漿膜浸潤有無による予後への影響

演題番号 : P131-9

園原 史訓:1、野本 周嗣:1,2、猪川 祥邦:1、岩田 直樹:1、神田 光郎:1、林 真路:1、田中 千恵:1、小林 大介:1、山田 豪:1、中山 吾郎:1、藤井 努:1、杉本 博行:1、小池 聖彦:1、藤原 道隆:1、小寺 泰弘:1

1:名古屋大学医学部附属病院第2外科、2:愛知学院大学歯学部外科

肝細胞がんに対する治癒切除後の漿膜浸潤有無による予後への影響

化学療法後肝切除における肝組織所見と99mTc-GSAフラクタル次元解析との相関

演題番号 : P131-10

廣島 幸彦:1、首藤 潔彦:1、山崎 一人:2、川口 大輔:1、菊地 祐太郎:1、平野 敦史:1、森 幹人:1、小杉 千弘:1、松尾 憲一:1、石田 康生:2、幸田 圭史:1、田中 邦哉:1

1:帝京大学ちば総合医療センター外科、2:帝京大学ちば総合医療センター病理部

化学療法後肝切除における肝組織所見と99mTc-GSAフラクタル次元解析との相関