セッション情報

一般演題 (示説)

第53回・2015年・京都
一般演題 (示説)
示説119
Colon 12:Panitumumab 2
開催回
第53回・2015年・京都

Panitumumab beyond progressionで治療した切除不能・進行再発大腸癌7例の検討

演題番号 : P119-1

岡本 哲郎:1、村松 博士:1、宮島 治也:1、猪股 英俊:1、福島 正之:2、矢野 智之:2、小池 和彦:3、後藤 義朗:3、長町 康弘:3、山内 尚文:3、井原 康二:3、西里 卓次:3

1:社会医療法人札幌清田病院消化器内科、2:社会医療法人札幌清田病院消化器外科、3:社会医療法人札幌清田病院内科

Panitumumab beyond progressionで治療した切除不能・進行再発大腸癌7例の検討

S状結腸癌再発による癌性腹膜結節小腸穿孔に対しpanitumumab+mFOLFOX6が著効した1例

演題番号 : P119-2

北川 和男:2、宇野 能子:2、武田 光正:2、友利 賢太:2、平本 悠樹:2、根木 快:2、小菅 誠:2、衛藤 謙:2、矢永 勝彦:1

1:東京慈恵会医科大学附属病院外科学講座、2:東京慈恵会医科大学附属病院消化器外科

S状結腸癌再発による癌性腹膜結節小腸穿孔に対しpanitumumab+mFOLFOX6が著効した1例

当院における進行再発大腸癌1次治療に対するmFOLFOX+Panitumumabの治療成績

演題番号 : P119-3

金井 俊平:1、西川 泰代:1、工藤 亮:1、川口 清貴:1、安 英男:1、光岡 英世:1、神頭 聡:1、濱洲 晋哉:1、小西 小百合:1、西躰 隆太:1、間中 大:1

1:社会福祉法人京都社会事業財団京都桂病院消化器センター 外科

当院における進行再発大腸癌1次治療に対するmFOLFOX+Panitumumabの治療成績

進行再発大腸癌に対する抗EGFR抗体薬再投与(リチャレンジ)例の検討

演題番号 : P119-4

磯部 秀樹:1、浦山 雅弘:1、尾形 貴史:1、川口 清:1、布施 明:1、太田 圭治:1

1:山形済生病院外科

進行再発大腸癌に対する抗EGFR抗体薬再投与(リチャレンジ)例の検討

Panitumumab rechallengeで効果が認められた切除不能進行再発大腸癌の1例

演題番号 : P119-5

生末 敏和:1、関川 高志:1、北原 優:1、加賀 康宏:1、宇藤 悠:1、山本 泰漢:1、砂川 優:1、衣笠 えり子:1

1:昭和大学横浜市北部病院内科

Panitumumab rechallengeで効果が認められた切除不能進行再発大腸癌の1例

切除不能進行再発大腸癌化学療法中の肺結核内因性再燃の2例

演題番号 : P119-6

永田 仁:1、高木 和俊:1、石塚 満:1、岩崎 喜実:1、渋谷 紀介:1、窪田 敬一:1

1:獨協医科大学第2外科

切除不能進行再発大腸癌化学療法中の肺結核内因性再燃の2例

パニツムマブによる皮膚障害に対する当院外科化学療法チームの取り組み

演題番号 : P119-7

清水 敦也:1、鶴間 哲弘:2、奥村 紀美恵:3、又村 さとみ:3、八重樫 千香:3

1:北海道旅客鉄道株式会社JR札幌病院薬剤科、2:北海道旅客鉄道株式会社JR札幌病院外科、3:北海道旅客鉄道株式会社JR札幌病院看護部

パニツムマブによる皮膚障害に対する当院外科化学療法チームの取り組み

抗EGFR抗体製剤による皮膚障害に対するイコサペント酸エチルの予防効果に関する検討

演題番号 : P119-8

間中 大:1、小西 小百合:1、濱洲 晋哉:1、光岡 英世:1、金井 俊平:1、神頭 聡:1、工藤 亮:1、西川 泰代:1、川口 清貴:1、安 英男:1、西躰 隆太:1

1:京都桂病院外科

抗EGFR抗体製剤による皮膚障害に対するイコサペント酸エチルの予防効果に関する検討

抗EGFR抗体製剤のざ瘡様皮疹に対する予防投与の現状調査

演題番号 : P119-9

竹村 真理子:1、西井 有希:1、小泉 祐一:1、北山 明子:1、富士谷 昌典:1、安田 光都子:1、天生 浩子:1、野村 真美:1、内間 恭武:2

1:社会医療法人生長会府中病院薬剤部、2:社会医療法人生長会府中病院外科

抗EGFR抗体製剤のざ瘡様皮疹に対する予防投与の現状調査

皮膚粘膜障害調査シート活用による大腸癌化学療法関連皮膚障害のマネージメント

演題番号 : P119-10

高橋 美恵:1、藤江 裕二郎:1、阪本 通代:1、栃本 真琴:1、谷原 令奈:1、主原 利香:1、野中 亮児:1、大西 直:1

1:NTT西日本大阪病院

皮膚粘膜障害調査シート活用による大腸癌化学療法関連皮膚障害のマネージメント