セッション情報

一般演題 (示説)

第53回・2015年・京都
一般演題 (示説)
示説107
新規治療:鎮痛薬の使い方(2)新たな工夫
開催回
第53回・2015年・京都

適切な鎮痛効果が得られない患者に他のオピオイドを追加することは痛みを緩和するか

演題番号 : P107-1

土井 千春:1

1:社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市南部病院緩和医療科

適切な鎮痛効果が得られない患者に他のオピオイドを追加することは痛みを緩和するか

当院におけるがん性疼痛の突出痛に対する粘膜吸収性フェンタニル製剤の使用経験

演題番号 : P107-2

渡部 秀樹:1、酒井 美紀子:1、米津 佑佳:1、川瀬 佐登美:1、安藤 真弓:1、高橋 実音子:1、児玉 秀治:1、小林 良成:1、坂倉 究:1、小西 邦彦:1

1:三重県立総合医療センター緩和ケアチーム

当院におけるがん性疼痛の突出痛に対する粘膜吸収性フェンタニル製剤の使用経験

経口摂取不能の食道癌患者に対するフェンタニルクエン酸塩口腔粘膜吸収製剤の使用経験

演題番号 : P107-3

松田 良太:1、中原 修:2、藤村 美憲:2、大島 茂樹:2、馬場 秀夫:3

1:球磨郡公立多良木病院看護部、2:球磨郡公立多良木病院外科、3:熊本大学大学院生命科学研究部消化器外科学

経口摂取不能の食道癌患者に対するフェンタニルクエン酸塩口腔粘膜吸収製剤の使用経験

フェンタニル粘膜吸収剤導入時の投与管理補助資材と評価

演題番号 : P107-4

工藤 貴弘:1、木下 仁淑:2、福嶋 めぐみ:3、横山 智央:4

1:全国土木建築国民健康保険組合総合病院厚生中央病院医薬品情報室、2:全国土木建築国民健康保険組合総合病院厚生中央病院緩和ケアチーム薬剤師、3:全国土木建築国民健康保険組合総合病院厚生中央病院緩和ケアチーム看護師、4:全国土木建築国民健康保険組合総合病院厚生中央病院緩和ケアチーム医師

フェンタニル粘膜吸収剤導入時の投与管理補助資材と評価

フェンタニル舌下錠の使用経験と理解向上への検討

演題番号 : P107-5

齋藤 麻衣子:1、小林 由夏:2、小林 祥子:1、下條 寛明:1、荒井 秀和:1、高橋 郁代:3、須藤 晴美:1

1:医療法人立川メディカルセンター立川綜合病院薬剤部、2:医療法人立川メディカルセンター立川綜合病院消化器センター、3:医療法人立川メディカルセンター立川綜合病院外来化学療法室

フェンタニル舌下錠の使用経験と理解向上への検討

ミダゾラムを用いた症状緩和のための持続鎮静~当院における症例の検討と今後の課題~

演題番号 : P107-6

鈴木 梢:1、宮澤 真帆:2、前田 隆司:1、鄭 陽:1、田中 桂子:1

1:がん・感染症センター都立駒込病院緩和ケア科、2:がん・感染症センター都立駒込病院薬剤科

ミダゾラムを用いた症状緩和のための持続鎮静~当院における症例の検討と今後の課題~

混合性疼痛を有する骨転移痛に対するタペンタドールの5症例について

演題番号 : P107-7

山崎 圭一:1,2、阿部 元:1、江藤 美和子:3

1:社会医療法人生長会ベルランド総合病院乳腺センター、2:社会医療法人生長会ベルランド総合病院緩和ケア科、3:社会医療法人生長会ベルランド総合病院看護部

混合性疼痛を有する骨転移痛に対するタペンタドールの5症例について

がん疼痛に対するタペンタドールの有効性と安全性の検討

演題番号 : P107-8

木原 歩美:1、角 裕子:1、市原 香織:1、山際 岳朗:1、恒藤 暁:1

1:京都大学医学部附属病院緩和ケアセンター

がん疼痛に対するタペンタドールの有効性と安全性の検討

膵癌に対する腹腔神経叢ブロックの有効性および安全性の検討

演題番号 : P107-9

土井 俊文:1、石川 剛:1、安田 知代:1、岡山 哲也:1、吉田 直久:1、十亀 義生:1、保田 宏明:1、阪上 順一:1、小西 英幸:1、内藤 裕二:1、細川 豊史:2、伊藤 義人:1

1:京都府立医科大学大学院医学系研究科消化器内科学教室、2:京都府立医科大学大学院医学系研究科疼痛緩和医療学教室

膵癌に対する腹腔神経叢ブロックの有効性および安全性の検討