セッション情報

一般演題(示説)

第52回・2014年・横浜
一般演題(示説)
示説98
肝臓 肝腫瘍
開催回
第52回・2014年・横浜

再発巣に対して切除術を施行した肝内胆管癌の2例

演題番号 : P98-1

金井 理紗:1、伊佐 勉:1、亀山 眞一郎:1、伊志嶺 朝成:1、本成 永:1、谷口 春樹:1、新垣 淳也:1、古波倉 史子:1、長嶺 義哲:1、小橋川 嘉泉:2、仲村 将泉:2、内間 庸文:2

1:社会医療法人仁愛会浦添総合病院消化器病センター外科、2:社会医療法人仁愛会浦添総合病院消化器病センター内科

再発巣に対して切除術を施行した肝内胆管癌の2例

肝原発悪性リンパ腫の経験

演題番号 : P98-2

小野 朋二郎:1、後野 礼:1、竹中 雄也:1、堀尾 勇規則:1、友松 宗史:1、北濱 誠一:1、吉江 秀範:1、飯田 洋也:1、生田 真一:1、張 宇浩:1、木村 文彦:1、相原 司:1、柳 秀憲:1、山中 若樹:1

1:医療法人明和病院

肝原発悪性リンパ腫の経験

成人発症肝未分化肉腫の2例

演題番号 : P98-3

南 幸次:1、迫田 雅彦:1、飯野 聡:1、樋渡 清司:1、前村 公成:1、又木 雄弘:1、蔵原 弘:1、新地 洋之:3、上野 真一:2、夏越 祥次:1

1:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科消化器乳腺甲状腺外科、2:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科臨床腫瘍学、3:鹿児島大学医学部保健学科

成人発症肝未分化肉腫の2例

肝嚢胞として経過観察されていた肝嚢胞腺癌の1例

演題番号 : P98-4

鹿野 敏雄:1、末永 泰人:1、坂田 和規:1、倉田 信彦:1、松村 卓樹:1、江坂 和大:1、寺本 仁:1、森 敏宏:1

1:市立四日市病院外科

肝嚢胞として経過観察されていた肝嚢胞腺癌の1例

蛋白栄養障害を有する肝硬変合併肝細胞癌患者に対する肝不全用経口栄養剤投与の有用性

演題番号 : P98-5

塩澤 俊一:1、碓井 健文:1、久原 浩太郎:1、土屋 玲:1、宮内 竜臣:1、河野 鉄平:1、佐川 まさの:1、浅香 晋一:1、山口 健太郎:1、横溝 肇:1、島川 武:1、吉松 和彦:1、勝部 隆男:1、成高 義彦:1

1:東京女子医科大学東医療センター外科

蛋白栄養障害を有する肝硬変合併肝細胞癌患者に対する肝不全用経口栄養剤投与の有用性

消化器癌化学療法における部分的脾動脈塞栓術の有用性

演題番号 : P98-6

藤田 幹夫:1,2、小川 智:2、佐竹 悠良:1,2、古武 剛:1、鄭 浩柄:2、杉ノ下 与志樹:2、岡田 明彦:2、猪熊 哲朗:2、辻 晃仁:1

1:地方独立行政法人神戸市民病院機構神戸市立医療センター中央市民病院腫瘍内科、2:地方独立行政法人神戸市民病院機構神戸市立医療センター中央市民病院消化器内科

消化器癌化学療法における部分的脾動脈塞栓術の有用性

Epigallocatechin gallateは安全性の高い新規抗腫瘍剤として有用である

演題番号 : P98-7

寺奥 大貴:1、島田 光生:1、宇都宮 徹:1、森根 裕二:1、居村 暁:1、池本 哲也:1、荒川 悠佑:1、金本 真美:1、岩橋 衆一:1、斎藤 裕:1、石川 大地:1、高須 千絵:1

1:徳島大学病院消化器・移植外科

Epigallocatechin gallateは安全性の高い新規抗腫瘍剤として有用である

マウス鉄過剰肝組織で誘導される脂質代謝およびRasシグナルの異常

演題番号 : P98-8

田中 宏樹:1、アド リンダ:2、山本 昌代:2、土岐 康通:2、澤田 康司:2、佐々木 勝則:1、生田 克哉:2、大竹 孝明:2、藤谷 幹浩:2、鳥本 悦宏:3、高後 裕:2

1:旭川医科大学消化管再生修復医学講座、2:旭川医科大学消化器・血液腫瘍制御内科学分野、3:旭川医科大学病院腫瘍センター

マウス鉄過剰肝組織で誘導される脂質代謝およびRasシグナルの異常

肝胆膵領域の悪性腫瘍におけるメソテリンの診断用バイオマーカーとしての意義

演題番号 : P98-9

祝迫 恵子:1、朝霧 成挙:2、田浦 康二朗:3、波多野 悦朗:3、上本 伸二:3、佐治 重衡:1

1:京都大学大学院医学研究科標的治療腫瘍学、2:京都大学大学院医学研究科次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点、3:京都大学大学院医学研究科肝胆膵・移植外科

肝胆膵領域の悪性腫瘍におけるメソテリンの診断用バイオマーカーとしての意義

免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎に対する薬剤部の取り組みとその評価

演題番号 : P98-10

八木 祐子:1、平畠 正樹:1、野村 洋道:1、中西 真也:1、北田 徳昭:1,4、辻 晃仁:2、石川 隆之:3、富井 啓介:4、橋田 亨:1

1:地方独立行政法人神戸市民病院機構神戸市立医療センター中央市民病院薬剤部、2:地方独立行政法人神戸市民病院機構神戸市立医療センター中央市民病院腫瘍内科、3:地方独立行政法人神戸市民病院機構神戸市立医療センター中央市民病院血液内科、4:地方独立行政法人神戸市民病院機構神戸市立医療センター中央市民病院医療安全管理室

免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎に対する薬剤部の取り組みとその評価

手術の極北を目指して:「移植腫瘍学」の提唱

演題番号 : P98-11

日比 泰造:1、阿部 雄太:1、板野 理:1、尾原 秀明:1、篠田 昌宏:1、北郷 実:1、八木 洋:1、香野 日高:2、北川 雄光:1

1:慶應義塾大学医学部一般消化器外科、2:慶應義塾大学医学部泌尿器科

手術の極北を目指して:「移植腫瘍学」の提唱