セッション情報

一般演題(示説)

第52回・2014年・横浜
一般演題(示説)
示説97
家族性腫瘍
開催回
第52回・2014年・横浜

臨床病理学的に示唆に富むLynch症候群関連子宮体癌の2例

演題番号 : P97-1

高橋 怜奈:1、小宮山 慎一:1、山本 泰弘:1、久布白 兼行:1

1:東邦大学医療センター大橋病院産婦人科

臨床病理学的に示唆に富むLynch症候群関連子宮体癌の2例

MUTYH関連ポリポーシス(MAP)を考慮した大腸ポリポーシス診療の要点

演題番号 : P97-2

田村 和朗:1,2、金 相赫:1、伊田 和史:1、松山 裕美:1、矢野 綾:2、小林 正義:2、別府 直仁:2、濱中 美衣:2、山岸 大介:2、塚本 潔:2、山野 智基:2、野田 雅史:2、松原 長秀:2、池内 浩基:2、冨田 尚裕:2

1:近畿大学大学院総合理工学研究科理学専攻、2:兵庫医科大学外科学下部消化管外科

<i>MUTYH</i>関連ポリポーシス(MAP)を考慮した大腸ポリポーシス診療の要点

腹腔鏡下IRA(ileo-rectal anastomosis)を施行した家族性大腸腺腫症の1例

演題番号 : P97-3

門馬 智之:1、大木 進司:1、中島 隆宏:1、矢澤 貴:1、高和 正:1、鈴木 聡:1、隈元 謙介:1、中村 泉:1、大竹 徹:1、竹之下 誠一:1

1:福島県立医科大学医学部器官制御外科

腹腔鏡下IRA(ileo-rectal anastomosis)を施行した家族性大腸腺腫症の1例