セッション情報

一般演題(示説)

第52回・2014年・横浜
一般演題(示説)
示説82
緩和 疼痛管理
開催回
第52回・2014年・横浜

都道府県がん診療拠点病院の疼痛治療成績:青森県における早期緩和ケア推進にむけて

演題番号 : P82-1

山下 慈:1、外川 すみれ:1、廣瀬 公美:1、越後 雅子:1、三浦 浩紀:1、早坂 佳子:1、吉本 鉄介:2、東 尚弘:3、的場 元弘:4、森田 隆幸:1、吉田 茂昭:1

1:青森県立中央病院、2:社会保険中京病院、3:独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター、4:独立行政法人国立がん研究センター中央病院

都道府県がん診療拠点病院の疼痛治療成績:青森県における早期緩和ケア推進にむけて

外来化学療法中の患者に対するがん性疼痛と疼痛ケアの検討

演題番号 : P82-2

川端 京子:1、吉村 成央:2、中野 妙子:3、井上 加津子:3、堤 敦子:3、谷口 珠美:3、工藤 貴子:1、高島 勉:2、工藤 新三:2

1:大阪市立大学大学院看護学研究科、2:大阪市立大学大学院医学研究科、3:大阪市立大学医学部附属病院看護部

外来化学療法中の患者に対するがん性疼痛と疼痛ケアの検討

がん領域におけるプレガバリン使用実態に基づく効果と副作用に関する調査

演題番号 : P82-3

祝 千佳子:1、矢野 育子:1、津田 真弘:1、中川 貴之:1、松原 和夫:1

1:京都大学医学部附属病院薬剤部

がん領域におけるプレガバリン使用実態に基づく効果と副作用に関する調査

がん疼痛に対して初期対応としての鎮痛薬投与状況の変化

演題番号 : P82-4

佐藤 浩二:1,3、小見 雄介:2,3、須藤 弥生:2,3、土屋 道代:2、前島 和俊:2、北爪 ひかり:3、春山 幸子:3、小保方 馨:3

1:日本赤十字社前橋赤十字病院総合内科、2:日本赤十字社前橋赤十字病院薬剤部、3:日本赤十字社前橋赤十字病院かんわ支援チーム

がん疼痛に対して初期対応としての鎮痛薬投与状況の変化

小規模病院、在宅診療における口腔内粘膜吸収フェンタニル製剤の導入経験

演題番号 : P82-5

大塚 裕一:1、神谷 周良:2、眞塩 一樹:2

1:港南台病院外科、2:港南台病院内科

小規模病院、在宅診療における口腔内粘膜吸収フェンタニル製剤の導入経験

フェンタニル速放性製剤の初期使用経験 - 問題点と適正使用のための対策 -

演題番号 : P82-6

梶浦 新也:1,2,3、菓子井 達彦:1,3、近岡 慎悟:3、村崎 善之:3、中屋 留美:3、山本 恵子:3、林 直美:3、竹村 佳記:3、島 友子:3、古市 厚志:3、安藤 孝将:2、三輪 敏郎:1、野村 邦紀:3、細川 歩:2、杉山 敏郎:2

1:富山大学医学部臨床腫瘍学講座、2:富山大学医学部第三内科、3:富山大学附属病院緩和ケアチーム

フェンタニル速放性製剤の初期使用経験  - 問題点と適正使用のための対策 -

フェンタニル舌下錠アブストラルの使用経験

演題番号 : P82-7

大隅 大介:1、内田 亜紀子:1、齋藤 裕司:1

1:独立行政法人国立病院機構北海道医療センター婦人科

フェンタニル舌下錠アブストラルの使用経験

癌性疼痛に対する1day型フェンタニル貼付剤早期ローテーションに関する有用性の検討

演題番号 : P82-8

片山 和久:1、平方 智子:1、岡田 朗子:1、田中 司玄文:1、廣野 正法:2、小林 達朗:3、桑野 博行:4

1:伊勢崎市民病院外科、2:伊勢崎市民病院緩和ケア、3:伊勢崎市民病院薬剤部、4:群馬大学医学部病態総合外科

癌性疼痛に対する1day型フェンタニル貼付剤早期ローテーションに関する有用性の検討

緩和ケア病棟で廃棄したオピオイドについての考察第2報

演題番号 : P82-9

岡田 幸子:1、平瀬 ひとみ:1、井坂 裕子:1、大野 茜:1、荒瀬 友子:1、上田 由利子:1、三村 経夫:1、近藤 彰:1

1:医療法人若葉会近藤内科病院

緩和ケア病棟で廃棄したオピオイドについての考察第2報

当院におけるオピオイド回診の効果と課題の検討

演題番号 : P82-10

遠藤 征裕:1、山田 郁恵:1、鈴木 聡子:2、森川 和夫:1、山﨑 豊:3、橋本 正治:4

1:JA秋田厚生連由利組合総合病院薬剤科、2:JA秋田厚生連由利組合総合病院看護部、3:JA秋田厚生連由利組合総合病院麻酔科、4:JA秋田厚生連由利組合総合病院外科

当院におけるオピオイド回診の効果と課題の検討

婦人科癌悪性腫瘍における癌腫とオピオイド使用期間に関する検討

演題番号 : P82-11

黒田 高史:1、田部 宏:1、山下 修位:1、山村 倫啓:1、駒崎 裕美:1、宇田川 治彦:1、鈴木 二郎:1、森本 恵爾:1、鈴木 美智子:1、小曽根 浩一:1、飯田 泰志:1、高野 浩邦:1、佐々木 寛:1、岡本 愛光:2

1:東京慈恵会医科大学附属柏病院産婦人科、2:東京慈恵会医科大学附属病院産婦人科

婦人科癌悪性腫瘍における癌腫とオピオイド使用期間に関する検討

当院におけるオキシコドン注射剤の使用経験

演題番号 : P82-12

萩野 茂太:1、倉田 徹:1、牧田 直樹:1、経田 淳:1、岩田 啓子:1、桐山 正人:1、佐々木 良子:2、高山 由紀子:3

1:黒部市民病院外科、2:黒部市民病院通院治療室、3:黒部市民病院かんわ支援室

当院におけるオキシコドン注射剤の使用経験

当院における消化器癌・泌尿器癌・婦人科癌のオピオイドの投与量についての検討

演題番号 : P82-13

上島 聖秀:1、宗本 将義:2、新敷 吉成:3、宮島 玲子:4、金坂 江梨:4、濵元 孝:1、髙橋 慎太郎:1、八木 満:3、石浦 嘉之:5、炭田 恵:4、角谷 直孝:2、河井 良智:1

1:独立行政法人労働者健康福祉機構富山労災病院薬剤部、2:独立行政法人労働者健康福祉機構富山労災病院外科、3:独立行政法人労働者健康福祉機構富山労災病院消化器科、4:独立行政法人労働者健康福祉機構富山労災病院看護部、5:独立行政法人労働者健康福祉機構富山労災病院泌尿器科

当院における消化器癌・泌尿器癌・婦人科癌のオピオイドの投与量についての検討

痛みやオピオイドに対する感受性の個人差と遺伝的要因

演題番号 : P82-14

森山 彩子:1,2、長島 誠:1、西澤 大輔:1,2、大城 崇司:1、大城 充:1、朴 英進:1、岡住 慎一:1、池田 和隆:2、加藤 良二:1

1:東邦大学医療センター佐倉病院外科、2:東京都医学総合研究所依存薬物プロジェクト

痛みやオピオイドに対する感受性の個人差と遺伝的要因

塩酸モルヒネ大量投与により疼痛コントロールを行った終末期卵巣癌患者の1例

演題番号 : P82-16

豊見山 健:1、野里 栄治:1、宮城 淳:1、大嶺 靖:1

1:日本赤十字社沖縄赤十字病院外科

塩酸モルヒネ大量投与により疼痛コントロールを行った終末期卵巣癌患者の1例

緩和の積極的な放射線治療 / 多発骨転移の治療部位決定と鎮痛剤減量(ダウンラダー)

演題番号 : P82-17

三谷 昌弘:1、木下 敏史:1、安賀 文俊:2、影山 淳一:2

1:独立行政法人労働者健康福祉機構香川労災病院放射線治療科、2:独立行政法人労働者健康福祉機構香川労災病院放射線診断科

緩和の積極的な放射線治療  /  多発骨転移の治療部位決定と鎮痛剤減量(ダウンラダー)