セッション情報

一般演題(示説)

第52回・2014年・横浜
一般演題(示説)
示説128
チーム医療 2
開催回
第52回・2014年・横浜

がん化学療法患者の安全管理~新規抗凝固薬に対するモニタリングの必要性~

演題番号 : P128-1

鈴木 善貴:1、町支 優和:1、石川 元章:1、石田 隆浩:1

1:豊橋市民病院薬局

がん化学療法患者の安全管理~新規抗凝固薬に対するモニタリングの必要性~

免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎スクリーニングへの取組み

演題番号 : P128-2

網野 祥子:1、大井 隆広:1、加地 真:1、道下 佳子:1、吉岡 美紀:2、辰巳 満俊:3

1:独立行政法人地域医療機能推進機構星ヶ丘医療センター薬剤部、2:独立行政法人地域医療機能推進機構星ヶ丘医療センター看護部、3:独立行政法人地域医療機能推進機構星ヶ丘医療センター外科

免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎スクリーニングへの取組み

当院におけるがん化学療法によるHBV再活性化に対する対応

演題番号 : P128-3

関 恭子:1、先崎 健造:1、明谷 早苗:1、小川 忠明:1、久保 公了:2、坂本 浩一:3、川﨑 健太郎:4

1:独立行政法人労働者健康福祉機構神戸労災病院薬剤部、2:独立行政法人労働者健康福祉機構神戸労災病院消化器内科、3:独立行政法人労働者健康福祉機構神戸労災病院呼吸器内科、4:独立行政法人労働者健康福祉機構神戸労災病院外科

当院におけるがん化学療法によるHBV再活性化に対する対応

診療情報コード化による自動的HBV再活性化リスクマネージメント

演題番号 : P128-4

五十嵐 弘幸:1、塗茂 裕一:2、井関 真理子:1、小林 靖久:1、前田 康裕:1、佐野 正毅:1、高嶋 孝次郎:1、石森 公章:3、真田 拓:4、中山 俊:5、宗本 義則:6、野ツ俣 和夫:4、田中 延善:4

1:社会福祉法人恩賜財団済生会支部福井県済生会病院薬剤部、2:社会福祉法人恩賜財団済生会支部福井県済生会病院医療情報課、3:社会福祉法人恩賜財団済生会支部福井県済生会病院検査部、4:社会福祉法人恩賜財団済生会支部福井県済生会病院内科、5:社会福祉法人恩賜財団済生会支部福井県済生会病院腫瘍内科、6:社会福祉法人恩賜財団済生会支部福井県済生会病院外科

診療情報コード化による自動的HBV再活性化リスクマネージメント

がん化学療法における病棟担当薬剤師の関わり

演題番号 : P128-5

清水 敦也:1、奥村 紀美恵:2、八重樫 千香:2、鶴間 哲弘:3

1:北海道旅客鉄道株式会社JR札幌病院薬剤科、2:北海道旅客鉄道株式会社JR札幌病院看護部、3:北海道旅客鉄道株式会社JR札幌病院外科

がん化学療法における病棟担当薬剤師の関わり

外来がん化学療法における当院の薬剤指導の取り組み

演題番号 : P128-6

岩上 泰崇:1、町島 由美:2、高野 祥直:3

1:財団法人脳神経疾患研究所附属総合南東北病院薬剤科、2:財団法人脳神経疾患研究所附属総合南東北病院看護部、3:財団法人脳神経疾患研究所附属総合南東北病院外科

外来がん化学療法における当院の薬剤指導の取り組み

化学療法を受ける乳がん患者にがん薬物療法認定薬剤師が介入することの有効性

演題番号 : P128-7

山本 香:1、太田 道治:2、大沢 かおり:2、馬場 紀行:2、木谷 哲:2、渡辺 一夫:1

1:国家公務員共済組合連合会東京共済病院薬剤科、2:国家公務員共済組合連合会東京共済病院

化学療法を受ける乳がん患者にがん薬物療法認定薬剤師が介入することの有効性

安全な外来内服抗がん薬処方のための医師・薬剤師が情報共有できる電子カルテ記載

演題番号 : P128-8

中尾 祐子:1、上田 綾佳:1、倉橋 基尚:1、濱口 良彦:1、井上 直也:2,3、柳原 一広:3,4

1:関西電力病院薬剤部、2:社会医療法人石川記念会HITO病院化学療法室、3:関西電力病院外来化学療法室、4:関西電力病院腫瘍内科

安全な外来内服抗がん薬処方のための医師・薬剤師が情報共有できる電子カルテ記載

がん化学療法に関する共同薬物治療管理(CDTM)の導入と情報共有に関する取り組み

演題番号 : P128-9

内畠 久美子:1、尾﨑 誠一:1、吉田 昭昌:1、井上 文仁:1、阿川 真未:1、村上 輝明:1、佐伯 美香:1、林 俊吾:1、奥本 絵美:1、中村 嘉孝:1、山中 洋:1、山木 和志美:1、森近 俊之:1、二五田 基文:1、久山 彰一:2

1:独立行政法人国立病院機構岩国医療センター薬剤科、2:独立行政法人国立病院機構岩国医療センター呼吸器内科

がん化学療法に関する共同薬物治療管理(CDTM)の導入と情報共有に関する取り組み

CDTM「医師・看護師との協働による薬剤師の処方・検査オーダ代行方法」の検討

演題番号 : P128-10

伴 晶子:1、岡戸 洋:1、吉岡 祐貴:1、小林 義和:1、小島 義弘:1、小林 和子:2、若狭 幸子:2、白石 久美子:2、織田 元:3、生田 宏次:4、亀岡 伸樹:4

1:西知多医療厚生組合東海市民病院薬剤科、2:西知多医療厚生組合東海市民病院看護部、3:西知多医療厚生組合東海市民病院口腔外科、4:西知多医療厚生組合東海市民病院外科

CDTM「医師・看護師との協働による薬剤師の処方・検査オーダ代行方法」の検討

75歳以上後期高齢者進行再発胃がんへのDOC+TS-1使用経験における薬学的介入の検討

演題番号 : P128-11

堀江 達夫:1、野宗 義博:2、水本 一生:2、堀江 都:1、石橋 博司:1、山形 真吾:2、本田 聡:2、石橋 豊:2、高橋 正彦:1

1:大田市立病院薬剤科、2:島根大学医学部総合医療学講座,大田総合医育成センター

75歳以上後期高齢者進行再発胃がんへのDOC+TS-1使用経験における薬学的介入の検討

化学療法センター利用患者アンケートから薬剤師に求められること

演題番号 : P128-12

河本 怜史:1、白幡 拓也:1、香取 哲哉:1、出雲 貴文:1、安田 望未:2、上遠野 ひとみ:2、南館 直志:3、岡林 美紗子:5、小林 亮介:3、長谷川 圭:4、久保 浩一郎:4、佐藤 晋一郎:5、廣瀬 一浩:6、高濱 龍彦:3、岡元 るみ子:7

1:社会医療法人社団木下会千葉西総合病院薬剤部、2:社会医療法人社団木下会千葉西総合病院看護部、3:社会医療法人社団木下会千葉西総合病院消化器外科、4:社会医療法人社団木下会千葉西総合病院外科、5:社会医療法人社団木下会千葉西総合病院消化器内科、6:社会医療法人社団木下会千葉西総合病院産婦人科、7:社会医療法人社団木下会千葉西総合病院腫瘍内科

化学療法センター利用患者アンケートから薬剤師に求められること