セッション情報

一般演題(口演)

第52回・2014年・横浜
一般演題(口演)
口演70
卵巣 診断・治療
開催回
第52回・2014年・横浜

血中エストラジオール高値となる卵巣腫瘍

演題番号 : O70-1

松岡 歩:1、楯 真一:1、山本 憲子:1、錦見 恭子:1、碓井 宏和:1、三橋 暁:1、清川 貴子:2、生水 真紀夫:1

1:千葉大学産婦人科、2:千葉大学病理科

血中エストラジオール高値となる卵巣腫瘍

漿液性境界悪性卵巣腫瘍におけるBRAF V600E変異検出方法についての検討

演題番号 : O70-2

林 裕子:1、佐々木 秀文:2、竹下 奨:1、西川 隆太郎:3、西川 博:1、荒川 敦志:1、山下 依子:4、髙橋 智:4、杉浦 真弓:1

1:名古屋市立大学大学院医学研究科産婦人科、2:名古屋市立大学大学院医学研究科腫瘍免疫外科学、3:名古屋市立東部医療センター産婦人科、4:名古屋市立大学大学院医学研究科実験病態病理学

漿液性境界悪性卵巣腫瘍におけるBRAF V600E変異検出方法についての検討

遠隔転移を有する卵巣癌T1/T2期の臨床病理学的因子と予後の検討

演題番号 : O70-3

本城 晴紀:1、長阪 一憲:1、織田 克利:1、河田 啓:1、川田 淑子:1、江口 聡子:1、冨尾 賢介:1、鶴賀 哲史:1、足立 克之:1、松本 陽子:1、有本 貴英:1、川名 敬:1、大須賀 穣:1、藤井 知行:1

1:東京大学医学部附属病院産婦人科

遠隔転移を有する卵巣癌T1/T2期の臨床病理学的因子と予後の検討

高齢者卵巣癌症例の予後因子についての検討

演題番号 : O70-4

井谷 嘉男:1、小川 憲二:1、大野 澄美玲:1、石橋 理子:1、小宮 慎之介:1、杉浦 敦:1、平野 仁嗣:1、河 元洋:1、豊田 進司:1、喜多 恒和:1

1:奈良県総合医療センター産婦人科

高齢者卵巣癌症例の予後因子についての検討

初回治療から一年以内に腫瘍死に至った卵巣癌症例の検討

演題番号 : O70-5

大木 慎也:1、鶴賀 哲史:1、織田 克利:1、河田 啓:1、川田 淑子:1、江口 聡子:1、富尾 賢介:1、足立 克之:1、長阪 一憲:1、松本 陽子:1、有本 貴英:1、川名 敬:1、大須賀 穣:1、藤井 知行:1

1:東京大学医学部附属病院女性外科

初回治療から一年以内に腫瘍死に至った卵巣癌症例の検討

当科における卵巣癌肉腫症例の検討

演題番号 : O70-6

児嶋 真千子:1、有本 貴英:1、江口 聡子:1、冨尾 賢介:1、鶴賀 哲史:1、足立 克之:1、長阪 一憲:1、松本 陽子:1、織田 克利:1、川名 敬:1、大須賀 穣:1、藤井 知行:1

1:東京大学医学部附属病院産婦人科

当科における卵巣癌肉腫症例の検討

卵巣・卵管・腹膜癌のmaximum debulking surgeryにおける腸管切除の安全性について

演題番号 : O70-7

錦見 恭子:1、楯 真一:1、加藤 一喜:2、塙 真輔:1、山本 憲子:1、植原 貴史:1、碓井 宏和:1、三橋 暁:1、生水 真紀夫:1

1:千葉大学医学部附属病院婦人科、2:公益財団法人がん研究会有明病院婦人科

卵巣・卵管・腹膜癌のmaximum debulking surgeryにおける腸管切除の安全性について