セッション情報

一般演題(口演)

第52回・2014年・横浜
一般演題(口演)
口演14
がん治療と栄養 1
開催回
第52回・2014年・横浜

食道癌術前化学療法症例の有害事象出現予測に関する栄養スクリーニング法の有用性

演題番号 : O14-1

渡邉 清永:1、宇良 敬:2

1:愛知県がんセンター中央病院看護部、2:愛知県がんセンター中央病院薬物療法部

食道癌術前化学療法症例の有害事象出現予測に関する栄養スクリーニング法の有用性

三次治療以降のKRAS野生型Cetuximab投与例でのGlasgow Prognostic Score(GPS)の有用性

演題番号 : O14-2

結城 敏志:1、小松 嘉人:2、原田 一顕:1、福島 拓:2、佐々木 尚英:1,3、小林 良充:1,4、辻 靖:5、成瀬 宏仁:6、奥田 博介:7、藤川 幸司:8、細川 歩:9、山本 文泰:10、工藤 峰生:11、坂田 優:12、坂本 直哉:1

1:北海道大学病院消化器内科、2:北海道大学病院腫瘍センター、3:市立稚内病院内科、4:独立行政法人労働者健康福祉機構釧路労災病院内科、5:KKR札幌医療センター斗南病院腫瘍内科、6:市立函館病院消化器内科、7:社会医療法人恵佑会札幌病院腫瘍内科、8:独立行政法人国立病院機構北海道がんセンター消化器内科、9:富山大学医学部第三内科、10:苫小牧市立病院消化器内科、11:社会医療法人北楡会札幌北楡病院消化器内科、12:三沢市立三沢病院CEO

三次治療以降の<i>KRAS</i>野生型Cetuximab投与例でのGlasgow Prognostic Score(GPS)の有用性

切除不能進行再発大腸癌化学療法施行例における小野寺式栄養指数の有用性

演題番号 : O14-3

池谷 哲郎:1、渋谷 雅常:1、前田 清:1、菅野 兼史:1、永原 央:1、大谷 博:1、木村 健二郎:1、豊川 貴弘:1、天野 良亮:1、久保 尚士:1、田中 浩明:1、六車 一哉:1、大平 雅一:1、平川 弘聖:1

1:大阪市立大学大学院腫瘍外科

切除不能進行再発大腸癌化学療法施行例における小野寺式栄養指数の有用性

大腸癌患者に対する化学療法中の筋肉量変化は新しい予後予測因子である

演題番号 : O14-4

吉川 祐輔:1、岡林 剛史:1、長谷川 博俊:1、石井 良幸:1、鶴田 雅士:1、清島 亮:1、高橋 秀奈:1、松井 信平:1、山田 暢:1、近藤 崇之:1、島田 岳洋:1、松田 睦史:1、矢作 雅史:1、北川 雄光:1

1:慶應義塾大学医学部外科(一般・消化器)

大腸癌患者に対する化学療法中の筋肉量変化は新しい予後予測因子である

術前sarcopeniaと肥満関連因子からみた食道癌手術患者の予後因子解析

演題番号 : O14-5

菊池 勇次:1、竹内 裕也:1、中村 理恵子:1、高橋 常浩:1、和田 則仁:1、川久保 博文:1、才川 義朗:1、大森 泰:1、北川 雄光:1

1:慶應義塾大学病院一般・消化器外科

術前sarcopeniaと肥満関連因子からみた食道癌手術患者の予後因子解析

胃全摘術後の感染性合併症危険因子の解析(サルコペニアとの相関)

演題番号 : O14-6

佐藤 勉:1,2、青山 徹:1,2、長 晴彦:1、川邉 泰一:1,2、藤川 寛人:1,2、山田 貴允:2、林 勉:2、幕内 洋介:1、尾形 高士:1、山本 直人:2、大島 貴:2、湯川 寛夫:2、利野 靖:2、益田 宗孝:2、吉川 貴己:1,2

1:地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター消化器外科、2:横浜市立大学医学部外科治療学

胃全摘術後の感染性合併症危険因子の解析(サルコペニアとの相関)

肝細胞癌におけるサルコペニアと臨床病理学的意義

演題番号 : O14-7

吉川 雅登:1、島田 光生:1、宇都宮 徹:1、居村 暁:1、森根 裕二:1、池本 哲也:1、荒川 悠佑:1、金本 真美:1、岩橋 衆一:1、齋藤 裕:1、東島 潤:1

1:徳島大学消化器移植外科

肝細胞癌におけるサルコペニアと臨床病理学的意義