セッション情報

制吐薬適正使用ガイドライン改訂のためのコンセンサスミーティング

第52回・2014年・横浜
制吐薬適正使用ガイドライン改訂のためのコンセンサスミーティング
制吐薬適正使用ガイドライン改訂のためのコンセンサスミーティング
開催回
第52回・2014年・横浜

制吐薬適正使用ガイドラインの2015年版改訂のポイント

演題番号 : CM2-1-1

佐伯 俊昭:1

1:埼玉医科大学国際医療センター乳腺腫瘍科

制吐薬適正使用ガイドラインの2015年版改訂のポイント

経口抗がん薬(CQ3)、シスプラチン分割(CQ10.)の制吐療法、5-HT3 受容体拮抗薬(CQ6)

演題番号 : CM2-1-2

朴 成和:1

1:聖マリアンナ医科大学臨床腫瘍学講座

経口抗がん薬(CQ3)、シスプラチン分割(CQ10.)の制吐療法、5-HT3 受容体拮抗薬(CQ6)

CQ4、5:がん薬物療法後の急性・遅発性の悪心・嘔吐をどのように予防するか

演題番号 : CM2-1-3

青儀 健二郎:1

1:独立行政法人国立病院機構四国がんセンター乳腺・内分泌外科

CQ4、5:がん薬物療法後の急性・遅発性の悪心・嘔吐をどのように予防するか

CQ14「悪心・嘔吐と関連する因子にはどのようなものがあるか」

演題番号 : CM2-1-4

佐伯 俊昭:1

1:埼玉医科大学国際医療センター乳腺腫瘍科

CQ14「悪心・嘔吐と関連する因子にはどのようなものがあるか」

海外の制吐療法ガイドラインの状況

演題番号 : CM2-2

佐々木 秀法:1

1:独立行政法人国立病院機構関門医療センター腫瘍内科

海外の制吐療法ガイドラインの状況

2010年初版以降の新しいエビデンス

演題番号 : CM2-3

相羽 惠介:1

1:東京慈恵会医科大学腫瘍・血液内科

2010年初版以降の新しいエビデンス

Quality Indicatorを用いた制吐薬適正使用ガイドラインの妥当性調査について

演題番号 : CM2-4

沖田 憲司:1、西舘 敏彦:1、平田 公一:1

1:札幌医科大学第一外科

Quality Indicatorを用いた制吐薬適正使用ガイドラインの妥当性調査について

制吐薬適正使用ガイドライン評価ワーキンググループからカイドライン改訂へのコメント

演題番号 : CM2-5

齊藤 光江:1

1:順天堂大学医学部附属順天堂医院乳腺科

制吐薬適正使用ガイドライン評価ワーキンググループからカイドライン改訂へのコメント

看護職からみたガイドラインの認識と役割

演題番号 : CM2-6

飯野 京子:1

1:国立看護大学校成人看護学

看護職からみたガイドラインの認識と役割

薬剤師からみたガイドラインの役割

演題番号 : CM2-7

今村 知世:1

1:慶應義塾大学医学部臨床薬剤学

薬剤師からみたガイドラインの役割

抗がん薬化学療法における制吐療法を効果的に行うための多職種連携

演題番号 : CM2-8

中川 和彦:1

1:近畿大学医学部腫瘍内科

抗がん薬化学療法における制吐療法を効果的に行うための多職種連携