演題抄録

若手臨床腫瘍医のための技術ワークショップ

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

社会の高齢化を踏まえた社会保障分野での経済評価のあり方

演題番号 : TW1-5

[筆頭演者]
迫井 正深:1 

1:厚生労働省 老健局 老人保健課

 

 急速な高齢化を迎えつつあるわが国において、増大する社会保障費をどうコントロールしていくか極めて重要な課題である。とりわけ、このような変革のトレンドや課題に対して、医療・介護サービスの経済評価(診療報酬・介護報酬)はどのように対応していくべきなのか、また、どのような対応が可能なのか。医療・介護のサービス提供現場の実態を踏まえながら、それぞれの報酬制度の運用においても、あるべき評価手法の模索は続けられている。
 社会保障費の動向や社会保障制度改革の大きなトレンドのポイントを踏まえつつ、診療報酬制度・介護報酬制度における最近の検討状況や取組みについて概観する。

前へ戻る