演題抄録

シンポジウム

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

がん化学療法における看護師の役割

演題番号 : S8-2

[筆頭演者]
浜辺 陽子:1 

1:京都大学医学部附属病院 看護部

 

 近年のがん化学療法は、入院治療から、短期入院や外来での治療へと移行されてきている。医療者は、限られた時間の中で患者に確実で安全な治療をおこなう必要があり、患者は副作用を自宅などの病院ではない場所で体験することとなる。患者自身がその治療に対する知識を持ち、症状のセルフケアができることや状態によっては医療機関に連絡をする、受診をするという正しい判断をする事が余儀なくされている。 がん化学療法における看護師の役割には、患者にとって安全で安楽な、そして確実な化学療法を実施するということが求められる。看護師は、治療が円滑に行われるように状況を把握し調整をしなければならない。正確な抗がん薬の投与管理を行うこと、さらに患者の観察し医師をはじめとした多職種連携による迅速な対応を行う必要がある。また、患者に対する支援として、患者自身の化学療法に対する意欲をサポートすること、そして副作用に対するセルフケア能力を向上させるための患者教育をする役割がある。 本院の外来化学療法室では、看護師がその役割を遂行できるように、化学療法実施のためのシステムの構築、業務整理、看護師教育などの取り組みを行っている。また外来治療前には全患者に対してオリエンテーションを行い、患者の治療に対する不安や疑問、通院手段や家族のサポート体制などの確認、セルフケアの必要性やその方法を説明している。このような取り組みを医師・薬剤師をはじめとしたチームで協力しすすめてきた。しかしながら、現在でも多くの課題を抱えているのが実情である。 本院では、平成22年度より他施設の医師・薬剤師・看護師がチームとなって参加する「がんプロフェッショナル養成プラン京大がん研修」をおこなっている。その中で「がん化学療法における自施設の課題」を発表していただいている。看護師の立場から課題として挙げられることは、「情報共有不足(他職種・入院と外来等)」「マンパワー不足」「がん化学療法に関する知識不足」などが多く、本院でも共通の課題である。研修最終日には、課題に対する改善策などを参加者全員で話し合う場を設け、他施設のよい例を参考にしながら改善に向けた取り組みを続けている。 これらのことを踏まえて、様々な病院の課題から、がん化学療法における看護師の役割を遂行していくことの困難な状況とそれを解決するためにはどのような事が必要であるかを考えていきたい。

前へ戻る