演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

前立腺癌に対するIMRT/IGRT併用寡分割照射法の第2相臨床試験

演題番号 : P97-11

[筆頭演者]
中村 和正:1 
[共同演者]
鹿間 直人:2、二瓶 圭二:3、幡野 和男:4、荒木 仁:4、遠山 尚紀:4、溝脇 尚志:5、池田 格:5、齊藤 吉弘:6、中村 直樹:7、小久保 雅樹:8、伊藤 善之:9、加賀美 芳和:10

1:九大病 放、2:埼玉医大国際医療セ 放腫、3:都立駒込病 放、4:千葉がんセ 放治、5:京大 放治、6:埼玉がんセ 放、7:聖路加病 放腫、8:先端医療セ 放治、9:名大 放、10:昭和大 放治

 

【背景】前立腺癌のα/β値は他の腫瘍より小さく、遅発性有害事象を規定する正常組織のα/β値と同等かそれ以下と考えられており、一回線量を増加させることにより、有害事象の頻度を抑えたまま、治療効果が高まる可能性が指摘されている。そこで、前立腺癌患者に対して画像誘導(image-guided radiation therapy, IGRT)を用いた軟部組織照合を併用した強度変調放射線治療(intensity-modulated radiation therapy, IMRT)による寡分割照射法70 Gy/28回/5.5週間(1回2.5 Gy)の多施設共同第II相臨床試験を計画した。【方法】適格規準は、低・中リスク(T1-2c and PSA =<20 and G =<7)、または高リスクの危険因子(T3a, 20< PSA =<30, G=8,9)が一つのみを有する高リスク前立腺癌症例で、年齢50歳以上80歳未満、PS 0または1の症例である。登録症例数は130例を予定している。治療法は、低リスク例は放射線治療単独を原則とし、中・高リスク例はネオアジュバントホルモン療法4-8か月が必須で、IGRT併用IMRTによる寡分割照射法70Gy/28回を施行する。放射線治療後はホルモン療法を中止し、経過観察を行う。Primary endpointは 5年遅発性有害事象発生割合である。【結果・考察】全国18施設が参加し、2012年6月より登録が開始された。今回は試験の概要、進捗状況、および放射線治療の品質管理について報告する。

キーワード

臓器別:前立腺・男性生殖器

手法別:臨床試験

前へ戻る