演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

前立腺MRIとエコーを併用した狙い撃ち生検の検討

演題番号 : P96-2

[筆頭演者]
大石 悠一郎:1,3 
[共同演者]
大澤 崇宏:1、安住 誠:1、三浪 圭太:1、原林 透:1、永森 聡:1、武田 広子:2、鈴木 宏明:2、山城 勝重:2

1:北海道がんセンター 泌尿器科、2:北海道がんセンター 病理診断科、3:北海道大学病院 泌尿器科

 

【目的】前立腺MRIを用いた狙い撃ち生検の成績を報告する【対象と方法】2010年4月から2012年3月の期間に前立腺生検を行った169例を対象とした。前立腺生検前に1.5T MRIの撮影を行い、生検は初回では12か所、2回目以降では16-18か所とし、癌が疑われる病変は適宜狙い撃ち生検を追加した。MRI診断後に生検を行った52例と読影を行わなかった117例を対照として、癌検出率を比較検討した。【結果】MRI読影後生検群と対照群の年齢68.0 vs 67.5歳(p=0.61)、検査前PSA 6.57 vs 6.73ng/ml (p=0.83)と有意差を認めなかった。患者単位の癌検出率は57.7% vs 34.2% (p<0.01)と有意差を認めた。採取標本単位の検討ではTRUS単独陽性部(T)、MRI単独陽性部(M)、MRI・TRUS陽性部(TM)の狙い撃ち生検標本の癌陽性率は24.4%(p<0.01)、13.6%(p=0.63)、73.9%(p<0.01)と、対照群(10.4%)と比較してTとTMでで癌検出率が有意に高値であった。【考察】MRIでの陽性所見のみでは有効な狙い撃ち生検を行うことは困難であるが、TRUSで所見がある場合は前立腺内の病変の位置特定が容易になり、病変部位を正確に穿刺できるものと考えられる。【結論】前立腺生検前にMRIを用い、狙い撃ち生検を行うことで前立腺癌の検出率が向上した。

キーワード

臓器別:前立腺・男性生殖器

手法別:診断

前へ戻る