演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

血清中癌特異的マーカーであるmethylationを利用した大腸癌の検出

演題番号 : P84-4

[筆頭演者]
日比 健志:1 

1:東海中央病院 外科

 

【目的】TFPI2はserine proteinase inhibitorであり、癌細胞の細胞外マトリックスの分解を妨げる。またFBN2は弾性腺維を構成する細胞外マトリックス蛋白であり、いずれも各種癌においてmethylationを受けている。今回我々は大腸癌患者血清中DNAから両遺伝子のmethylationを検出することにより、血清による大腸癌の診断の可能性を調べた。【方法】大腸癌患者206例の血清からDNAを抽出し、bisulfite modificationを加えた後、定量methylation-specific PCR (qMSP) 法を用いてTFPI2とFBN2遺伝子のmethylationの検出を行い、血清診断の効率を調べた。【成績】大腸癌患者血清DNA 206例中65例(32%)にTFPI2 もしくはFBN2 methylationを検出した。陰性コントロールとして用いたTFPI2もしくはFBN2 methylationを持たない大腸癌患者から得られたそれぞれの血清DNAからは、同異常を検出しなかった。臨床病理学的所見との比較において血清TFPI2もしくはFBN2遺伝子のmethylationは、男性(p=0.0223)、低分化癌(p=0.0115)、遠隔転移(p=0.0002)の癌で有為に高率に検出され、予想通り癌の進行度の高いほど検出力は上がった。TNM stageにおいてもstageの高いほど検出率は増加したが、stage 1や2の早い時期においても27%に検出することが出来、早期発見への期待が持てた。また既存の腫瘍マーカーであるCEA、CA19-9と組み合わせる事で、大腸癌の検出率を54%まで上昇させる事が可能であった。【結論】TFPI2とFBN2遺伝子のmethylationを調べる事は、血清による大腸癌の診断に有用と考えられる。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:バイオマーカー

前へ戻る