演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

Paclitaxel誘発性末梢神経障害に対する鍼治療(2) -鍼治療の予防効果の検討-

演題番号 : P77-3

[筆頭演者]
櫛引 絵美:1 
[共同演者]
福田 文彦:2、久保 春子:3、伊藤 和憲:2、石崎 直人:2、徳島 裕子:4、広瀬 富紀子:4、小池 健太:4、井口 千景:4、住吉 一浩:4、山本 仁:4、林 紀行:1、前田 和久:1、芝 英一:4、伊藤 壽記:1

1:大阪大・院 生体機能補完医学講座、2:明治国際医療大 臨床鍼灸学、3:九州看護福祉大、4:大阪ブレストクリニック

 

【背景】Paclitaxel(PTX)は、高頻度に末梢神経障害(しびれ)を生じるが、確立された治療法はない。我々は、化学療法により誘発された下肢末梢神経障害に対して鍼治療を行い、その安全性と有効性及び早期の介入が効果的であることを報告してきた。
【目的】PTX初回投与時から鍼治療を介入することが、下肢末梢神経障害の程度(増悪)を予防するか否かについて検討した。
【方法】1)ヒストリカルコントロール群(対照群):weekly-PTX(12週)を行う乳癌患者(n=21)を対象に末梢神経障害の経過を観察した。2)鍼治療群: weekly-PTXを行う乳癌患者(n=19)を対象に初回投与時から鍼治療を介入した。鍼治療は下腿外側(陽陵泉-懸鍾)、下腿内側(陰陵泉-三陰交)に低周波鍼通電療法(初回:置鍼)、足背(太衝)への置鍼を10分間、計12回行った。評価は、末梢神経障害(しびれ)の自覚症状は、Visual Analogue Scale(VAS)、感覚閾値は、Semmes-Weinstein Monofilament Test(SWMT)、QOLは、M.D. Anderson Symptom Inventory(MDASI)を行った。
【結果】自覚症状(VAS):対照群は、0mmが45±7.9mm(mean±S.E.)、鍼治療群は、0mmが24.5±4.8mmに変化し、経過において両群間に有意な差(交互作用:p=0.011)が認められた。感覚閾値(SWMT):12週目に異常値を示した者(足)は、対照群は、21/36足(58.3%)、鍼治療群では、12/36足(33.3%)であり、経過において両群間に有意な差(交互作用:p=0.033)が認められた。QOL(MDASI):症状スコア、支障スコアとも両群間に有意な差を認めなかった。また、投薬量の比較では、両群ともほぼ全てに牛車腎気丸、ピドキサールが投与されていたが、対照群ではさらにモービック(14.3%)、ガバペン(9.5%)、リリカ(19.0%)が投与されていた。【考察・結語】今回の検討より、鍼治療群は、末梢神経障害の自覚症状や感覚閾値の増悪が対照群に比して、有意に予防できたこと、また、それに伴う薬物療法の使用頻度が少なかったことから、鍼治療は、PTXによる末梢神経障害の増悪を抑制したことが考えられる。これらのことから、PTX投薬早期の段階からの鍼治療の介入は、末梢神経障害の予防に効果的であることが示唆された。
キーワード:Paclitaxel、末梢神経障害、鍼治療、化学療法、副作用、予防効果

キーワード

臓器別:乳腺

手法別:緩和医療

前へ戻る