演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

色素単独法センチネルリンパ節生検の妥当性

演題番号 : P75-11

[筆頭演者]
榎本 克久:1 
[共同演者]
前田 哲代:1、飯塚 美紗都:1、長島 沙樹:1、鈴木 周平:1、山室 みのり:1、松本 京子:1、萩原 美桜:1、和賀 瑛子:1、原 由起子:1、平野 智寛:1、谷 眞弓:1、櫻井 健一:1、天野 定雄:1

1:日本大学医学部 乳腺内分泌外科

 

(はじめに)腋窩リンパ節廓清術の省略が議論されているが、その根底にはセンチネルリンパ節生検の導入および標準化がある。同時に、RIと色素法の併用が推奨されているが、施設により簡便な色素法単独が浸透している。当科でも、併用法と色素法単独の比較を行い、ほぼ同率の高い同定率の手技を確立し、さらには、年齢による比較、BMIなどの体系比較などを行い同定率の向上を報告してきた。しかしながら、センチネルリンパ節を同定できない症例が少なからず認められる。今回、我々は、さらなる同定率の向上を目指して臨床病理学的に検討した。(対象および方法)過去2年間に併用法と同等となる確立した手技で施行した色素法単独でセンチネルリンパ節生検を施行した301例を対象とし、腫瘍部位、腫瘍径、組織型、ly因子、v因子、摘出リンパ節数、術者などを検討し解析した。(結果)年齢は26歳から89歳までで平均56.3歳であった。腫瘍径は0.1cmから5.5cmまでで平均1.62cmであった。主腫瘍部位は、A 82例 B 28例 C 132例 D 21例 E 38例であった。組織型は、硬癌110例、乳頭腺管癌99例、DCIS 45例、充実腺管癌14例、小葉癌11例、粘液癌11例、アポクリン癌4例、MIP 2例、管状癌2例、神経内分泌型癌1例、spindle 1例であった。Ly因子陽性は106例であった。V因子陽性は30例であった。平均リンパ節摘出数は平均1.4個であった。同定できなかった症例は20例(93.4%)であった。そろぞれの因子を統計的解析施行しところ腫瘍部位、ly因子、組織型、術者経験数で有意差を認めた。(結語)今回の検討では、C領域で組織型が特殊型で術者の経験が少ないことに有意差が認められたが、指導的助手との経験差が大きい場合でも同定率の低下の傾向が認められた。

キーワード

臓器別:乳腺

手法別:手術療法

前へ戻る