演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

XELOX+bevacizumab療法の副作用に対する電話サポートの有用性

演題番号 : P71-5

[筆頭演者]
木本 真司:1 
[共同演者]
熊谷 修一:1、石黒 雄一朗:1、外島 真:1、石崎 勝彦:1、鈴木 泰典:1、陣内 真理子:1、安達 亮平:1、河原 史明:1、香内 綾:1、遠宮 賢二:1、塩川 秀樹:1、石本 由美:2、小椋 芙美子:2、輿石 直樹:3

1:竹田綜合病院薬剤科、2:竹田綜合病院看護部、3:竹田綜合病院外科

 

【背景・目的】XELOX+bevacizumab(BEV)療法はFOLFOX+BEV療法に比較し有効性において非劣性であること、血液毒性は少ない半面、非血液毒性の手足症候群(HFS)には注意を要することが示唆されている。当院ではXELOX+BEV療法のHFSをコントロールすることを目的として外来通院期間中に電話にて患者の状況を確認するサービス(XTRA)を希望者に対して導入している。【対象】2010年3月から2012年12月までに、切除不能進行再発大腸癌の1次治療にてXELOX+BEV療法を2コース以上施行した31例に対してXTRA導入の有無別に治療成功期間(TTF)、及び代表的な有害事象【HFS、末梢神経障害(PN)】について検討を行った。【結 果】年齢の中央値:70歳(49-79)、男性/女性:20/11、PS0/1:30/1、再発/進行:21/10、原発部位は直腸/結腸/その他:13/14/4、転移臓器数0/1/2/3/4:1/12/14/3/1、ポート有/無:1/30、XTRA有/無:22/9であった。全体のTTF中央値は217日(115-301日)。治療中止の内訳はPD6例、有害事象16例、患者希望1例であり、中止に至った有害事象としてはPN 4例、好中球減少3例が多かった。XTRA導入症例のTTFは189日(115-315)、XTRA非導入症例のTTFは217日(42-420)であった(p=0.7489)。発現の高い有害事象(全グレード)は、HFS 30(97%)、PN 28(90%)、好中球減少16(52%)であり、グレード3以上はPN 6(19%)、好中球減少4(13%)、貧血2(6%)、倦怠感2(6%)、下痢2(6%)、高血圧2(6%)等であった。XTRA導入有無別にHFS、PNの発現状況を確認すると、Grade2+3のHFSは、XTRA有/無:3(13.6%)/5(56%)であった(p=0.016)。なお、XTRA有ではGrade3のHFSは確認されなかった。Grade2+3のPNでは、XTRA有/無:15(68%)/4(44%)であった(p=0.218)。【考 察】XELOX+BEV療法はポンプ又はポートフリーで治療を受けることができ、患者のQOL向上が期待できる治療法である。しかし注意を必要とする有害事象としてHFSがある。今回の結果ではXTRA導入の有無での治療継続性は統計学的に確認出来なかったが、HFSの有意な抑制が確認されXTRAの有用性が確認できた。治療継続の延長が確認出来なかった理由として、好中球減少にて治療早期(2~5コース)に脱落するケース、PNで8~10コースで脱落した症例が多く、早めにオキサリプラチンの減量休薬を行うことで治療継続性の向上が期待できると考えられる。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:支持療法

前へ戻る