演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

当院における外来化学療法による悪心・嘔吐の調査と支持療法についての考察

演題番号 : P71-3

[筆頭演者]
東恩納 貴子:1 
[共同演者]
野口 直美:2、金城 雄一:2、宮里 浩:3、宮国 孝男:3、友利 寛文:3、小野 亮子:3、平川 誠:4、新垣 均:5

1:那覇市立病 看護部、2:那覇市立病 薬剤部、3:那覇市立病 外科、4:那覇市立病 婦人科、5:那覇市立病 内科

 

【目的】がん化学療法による悪心・嘔吐は、患者が最も苦痛に感じる症状の一つであり、QOL低下の要因ともなる。治療の開始にあたり、化学療法に対する悪心・嘔吐のネガティブなイメージから、不安を表す患者も多い。新規の制吐薬の開発とともに「制吐薬適正使用ガイドライン」(日本癌治療学会)に準拠した制吐療法が推奨されている。そこで、当院で外来化学療法を受ける患者の悪心嘔吐について調査し、実態を明らかにするとともに、制吐療法の現状を客観的に評価し、適切な支持療法の実施について検討を行った。【期間】2012年4月から12月【対象】当院外来点滴センターで外来化学療法を受ける患者で、本調査の趣旨を理解し、調査への承諾を得られた患者37名【方法】国際サポーティブケア学会(MASCC)より日本語版MASCCantiemesisTool(MAT)を参考に、当院独自の質問調査票を作成した。調査票には化学療法のレジメン、悪心・嘔吐の有無・頻度・程度などのほか、食事量、内容の変化、味覚異常の有無やフリーコメントの欄も設けた。化学療法開始日より同じ質問について7日間連続して記入していただき、次の来院時に提出していただいた。【結果】最初の2ヶ月間で回答を得た患者16例(1期)について、調査した7日間(全期間)における悪心の発現率は50.0%であり、治療当日から翌日にかけて(急性期)の悪心は50.0%、3日目以降(遅発期)の悪心は43.8%であった。嘔吐の発現率は全期間で31.3%であり、急性期の嘔吐は31.3%、遅発期の嘔吐は12.5%であった。高度催吐性リスクの薬剤のみではなく、中等度催吐性リスクの薬剤のレジメンの患者に症状の出現が多くみられ、軽度リスクとされる薬剤でも症状がみられた。支持療法の見直しを行った後の21例(2期)について、全期間における悪心の発現率は57.1%で、急性期の悪心は19.0%、遅発期の悪心は57.1%であった。全期間における嘔吐の発現率は19.0%で、急性期は0.0%、遅発期は19.0%であった。【考察】調査の結果より、1期と比べ2期では急性期の悪心・嘔吐ともに改善がみられた。しかし遅発期の悪心はまだ多くみられ、支持療法をさらに見直し対策を講じる必要がある。

キーワード

臓器別:その他

手法別:支持療法

前へ戻る