演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

食道癌における新規化学療法DNF療法の安全性と認容性

演題番号 : P7-9

[筆頭演者]
宮崎 達也:1 
[共同演者]
宗田 真:1、酒井 真:1、原 圭吾:1、小澤 大悟:1、横堀 武彦:1、佐野 彰彦:1、田中 成岳:1、鈴木 茂正:1、家田 敬輔:1、中島 政信:1,2、福地 稔:1,3、尾嶋 仁:1,3、加藤 広行:2、桑野 博行:1

1:群馬大院 病態総合外科、2:獨協医科大学第一外科、3:埼玉医大総合医療セ消化管一般外科

 

【背景】切除不能進行食道癌に対しては通常化学放射線療法(以下CRT)を施行するが、遠隔転移症例や多発リンパ節転移症例に対してはsystemic diseaseと捉える必要があり化学療法が選択される。【目的】Docetaxel+Nedaplatin+5-FU(DNF)化学療法の第I・II相試験を行い治療成績と安全性を検証した。【対象と方法】対象は切除不能あるいは再発食道癌で2008~2011年に登録された第I/II相試験で登録された42症例。平均年齢61.5(43-74)男/女=38/4、Tx/T0/T1/T2/T3/T4=1/1/5/1/16/17。第I相試験ではlevel1よりdoseをupし用量制限毒性(DLT)の発現状況から推奨投与levelを決定し、第II相試験に移行した。第II相試験では抗腫瘍効果、安全性及び生存期間について検討した。【結果】(1)第I相試験では14症例が登録され、level4でDLTが5例中3例に認められたためMTDとしlevel3(Doc60mg/m2 day1,29、CDGP70mg/m2 day1,29、5-FU700mg/m2 day1-5,29-33)を推奨用量とした。 (2)第II相試験は継続中であるが28例の解析で有害事象は全身状態悪化にて非完遂が1例。Gr3以上のWBCあ減少が21例(77.8%)Neu減少が23例(85.2%)に出現したがG-CSF製剤の投与によりコントロール可能であった。Gr3以上の非血液毒性の有害事象は下痢が2例、食欲不振が3例、アナフィラキシーが1例であった。後治療として手術療法を8例に施行した。CR/PR/SD/PD=2/10/10/5でCR率7.4%、奏効率は44.4%病勢制御率は81.5%である。全生存期間でMSTで19.8ヶ月、2年率は41.8%であった。【結語】新規化学療法DNF療法は安全で治療効果が高く今後の食道癌集学的治療において重要な役割を果たす。

キーワード

臓器別:食道

手法別:化学療法

前へ戻る