演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

5-FU、プラチナ、タキサン不応切除不能・再発食道癌に対するビンデシン療法の検討

演題番号 : P7-7

[筆頭演者]
柴田 泰:1 
[共同演者]
對馬 隆浩:1、彦坂 ともみ:1、吉田 幸生:1、濱内 諭:1、戸高 明子:1、横田 知哉:1、町田 望:1、山崎 健太郎:1、福冨 晃:1、小野澤 祐輔:2、安井 博史:1、朴 成和:3

1:静岡県立静岡がんセンター 消化器内科、2:静岡県立静岡がんセンター 原発不明科、3:聖マリアンナ医科大学 臨床腫瘍学講座

 

【背景】5-FU (F)、プラチナ (P) 不応切除不能・再発食道癌に対しタキサン (T) が汎用される。F、P、T不応後化学療法の有効性は不明である。【目的】F、P、T不応切除不能・再発食道癌に対するビンデシン (V) による3次化学療法の有効性と安全性を、症状緩和専念 (BSC)の患者群と比較して検討する。【対象】2008年4月から2013年4月までに、当院でF、P、T療法を施行した切除不能・再発食道癌135例のうち、選択基準 (扁平上皮癌; ECOG PS 0-2;主要臓器機能保持;F、P、T不応後V投与またはBSC;重複癌なし) を満たす41例。【結果】V投与は9例 (A群)、BSCは32例 (B群) で、患者背景 (A群:B群) は、年齢中央値 (範囲) {63 (52-76歳):65 (31-78歳)}、男/女 (9/0:30/2)、PS 0/1/2 (4/2/3:4/15/13)、原発巣切除あり/なし (3/6:9/23)、転移臓器 リンパ節/肺/肝/他 (8/1/2/2:30/16/6/8)、転移臓器個数 0/1/2/≥3 (1/5/1/2:0/13/10/9)、標的病変あり/なし (8/1:28/4)、白血球数中央値 (範囲) {6030 (3490-13160/ul):6585 (1980-16550/ul)}、ヘモグロビン中央値 (範囲) {10.2 (8.3-11.9g/dl):10.7 (8.1-15.6g/dl)}、血清アルブミン中央値 (範囲) {3.9 (2.7-4.4g/dl):3.8 (2.1-6.7g/dl)}、CRP中央値 (範囲) {2.14 (0.1-16.95g/dl):2.78 (0.1-20.86g/dl)}であった。A群は3名がV単独療法 (V 3mg/m²、毎週)、6名がネダプラチン併用療法 (V 3mg/m², d1, 8, ネダプラチン90mg/m² d1, 4週毎) で、標的病変を有する8例の奏効割合は0% (CR/PR/SD/PD/NE:0/0/1/6/1) 、無増悪生存期間中央値は1.6ヵ月であった。全生存期間中央値はA、B群でそれぞれ4.8ヵ月、3.7ヵ月であった (p = 0.23)。A群におけるG.3以上の主な有害事象は、好中球数減少67% (6/9)、貧血33% (3/9)、食欲不振22% (2/9)、疲労と血小板減少がともに11% (1/9)で、30日以内死亡を1例認めた。【結語】F、P、T不応切除不能・再発食道癌に対するV療法は、主要臓器機能が保たれている症例においてもG.3以上の有害事象発生割合が高く、その有効性は明らかではなかった。

キーワード

臓器別:食道

手法別:化学療法

前へ戻る