演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

陽子線療法が奏効した再発子宮体癌の1例

演題番号 : P58-10

[筆頭演者]
近藤 真哉:1 
[共同演者]
真山 学徳:1、鵜飼 真由:1、小出 菜月:1、古株 哲也:1、邨瀬 智彦:1、宮崎 のどか:1、原田 統子:1、岸上 靖之:1、北川 諭:2、小口 秀紀:1

1:トヨタ記念病院 産婦人科、2:トヨタ記念病院 臨床検査科病理

 

【緒言】子宮体癌の再発様式としては、腟断端を含む骨盤内局所再発と遠隔再発がある。子宮体癌ガイドラインでは再発子宮体癌について、切除可能であれば外科的切除も考慮されるとしているが、手術療法、化学療法、放射線療法のいずれが良いかについて明確な記載はない。腟断端再発に対する放射線療法の有用性も報告されているが、傍大動脈リンパ節転移については一般的ではない。また、陽子線治療に関しての報告はなく、ガイドライン上も陽子線治療についての記載はない。今回われわれは、子宮体癌術後の傍大動脈リンパ節再発に対し、陽子線治療が奏効した症例を経験したので報告する。【症例】59歳。3経妊3経産。51歳閉経。6ヵ月前から持続する白色帯下を主訴に近医を受診した。子宮内膜細胞診陽性を指摘され、子宮体癌の疑いで当院を紹介受診した。初診時の内診所見では子宮は軽度腫大していた。経腟超音波断層法では19.5 mmの子宮内膜肥厚を認めた。腫瘍マーカーはCA125が129 U/mL、CA19-9が117 U/mLと高値で、子宮内膜組織診ではendometrioid adenocarcinoma、G1の診断であった。PET/CTでは、子宮体部、両側内腸骨リンパ節および傍大動脈リンパ節にFDGの異常集積を認めた。子宮体癌の術前診断で準広汎子宮全摘出術、両側付属器摘出術、骨盤リンパ節郭清、傍大動脈リンパ節郭清を施行した。病理組織診断では両側内腸骨リンパ節および傍大動脈リンパ節に転移を認め、Stage 3c endometrioid adenocarcinoma、G1(pT2N1M0)と診断した。術後補助化学療法としてDoxorubicin、Cisplatin併用化学療法を6コース施行した。術後、腫瘍マーカーは速やかに低下した。その後外来で経過観察をしていたが、術後1年3ヵ月にCA125が97 U/mL、CA19-9が58 U/mLと高値を示し、PET/CTで左腎静脈下の腫大した傍大動脈リンパ節にFDGの異常集積を認め、子宮体癌の傍大動脈リンパ節再発と診断した。手術療法も考慮したが、手術完遂のためには左腎摘出が必要となる可能性もあり、陽子線治療を希望し陽子線治療施設へ転院となった。1回2.2 GyEで総線量68.2 GyEの陽子線治療を施行した。治療後、腫瘍マーカーは速やかに低下し、陽子線治療後1年4ヵ月経過した現在、再発徴候なく外来経過観察中である。【結論】再発子宮体癌に対して、陽子線治療は有効な治療手段となる可能性があり、手術療法が困難な場合、陽子線治療も考慮する必要がある。

キーワード

臓器別:子宮

手法別:放射線治療

前へ戻る