演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

当科における進行大腸癌に対する術後補助化学療法としてのXELOX療法

演題番号 : P51-5

[筆頭演者]
河合 雅也:1 
[共同演者]
市川 亮介:1、盧 尚志:1、伊藤 慎吾:1、宗像 慎也:1、嵩原 一裕:1、杉本 起一:1、石山 隼:1、小見山 博光:1、柳沼 行宏:1、高橋 玄:1、小島 豊:1、五藤 倫敏:1、冨木 裕一:1、坂本 一博:1

1:順天堂大学医学部附属順天堂医院 下部消化管外科

 

【はじめに】近年、XELOX療法は大腸癌の術後補助化学療法としても、5-FU/LV療法やFOLFOX療法と並びその有効性が確認されてきている。そし、NCCN大腸癌治療ガイドラインにも第一選択薬の1つとしてあげられ、その適応は徐々に拡大している。【目的】当科で経験したXELOX療法使用例をretrospectiveに検証し、その安全性・治療継続性を検討する。【対象と方法】対象は2010年6月~2013年1月までに大腸癌根治術を施行し、術後補助化学療法としてXELOX療法を導入した症例とした。また、Stage4でR0切除が施行できた症例も含め、患者背景、病理学的因子、投与状況、副作用の時期や程度などを検討項目とした。【結果】XELOX療法施行例は15例で、平均年齢 60.3歳(35~75歳)、男性 7例,女性 8例で、原発巣の占居部位は右側結腸 8例、左側結腸 2例、直腸 5例であった。また、深達度はMP 1例、SS(A) 8例、SE (SI・AI) 6例とT3以深が大半であり、組織型はtub1 3例、tub2 10例、por1 1例、muc 1例とtub2が66.7%を占めていた。病理学的病期は、Stage2:3例(Neo-adjuvant chemotherapyの2例を含む)、Stage3a:6例、Stage3b:2、Stage4:4例であった。投与経路については、中心静脈:末梢静脈が7:8であり、平均投与回数は7.1回であった。 完遂率は継続中を除いて38.5%(5/13)と低値であり、86.7%(13/15)の症例で減量が行われていた。 薬剤別のRelative dose intensity (RDI)もオキサリプラチン0.66、カペシタビン0.74と低値であった。中止例の原因内訳は有害事象や患者希望が26.7%(4/15)、再発による化学療法変更が26.7%(4/15)であった。副作用に関しては、全例何らかの副作用を発現しており、その症状は末梢神経障害、食欲不振の順であった。 また、Grade3以上の発生頻度は20%(3/15)であった。【考察】当科施行例は、他の文献と比較しても低い完遂率であった。これは、副作用Gradeが低くても減量や中止もしくは化学療法変更を行った患者が多かったことが原因と考えられた。当科での現状と今後の改善策を、文献的考察を踏まえ報告する。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:化学療法

前へ戻る