演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

大腸癌に対するL-OHPを含む術後補助化学療法の短期・長期成績について

演題番号 : P51-4

[筆頭演者]
森谷 弘乃介:1 
[共同演者]
和田 治:1、小澤 平太:1、藤田 伸:1、固武 健二郎:1

1:栃木県立がんセンター 消化器外科

 

【背景】2009年8月よりオキザリプラチン(以下L-OHP)の大腸癌術後補助化学療法の適応が承認されてから、近年では進行大腸癌に対しては、単剤とともに多剤併用の術後補助化学療法が多く用いられている。しかしながら、L-OHP併用の補助化学療法に関しては、本邦ではまだ十分なエビデンスがないのが現状である。【目的】術後補助化学療法として、L-OHPを含む併用療法の短期および長期成績を示し、その有用性について明らかにする。【対象】2009年8月から2012年12月に当院で根治切除が施行された大腸癌患者のうち、術後補助化学用法にL-OHPを併用した症例について、臨床病理学的な背景因子、有害事象、完遂率などについて、retrospectiveに検討を行った。【結果】観察期間の中央値は18.3ヶ月であった。対象症例は8例であった。全症例がStage IIIbであり、占居部位別に結腸/ 直腸:5/ 3例であった。年齢の中央値:65歳、性別は男/女:6/ 2例であった。化学療法の内訳は、mFOLFOX6療法/ XELOX療法:3/ 5例であった。Grade 3以上の有害事象は、好中球減少症を1例のみに認めた。補助化学療法を中止した症例は2例認め、治療完遂割合は75%であった。再発した症例は、遠隔リンパ節再発を1例(12.5%)に認めた。【結語】L-OHPを含めた多剤併用は、既知の単剤療法の有害事象や治療完遂割合と比較して、同等の結果であった。また長期予後に関しては、観察期間が十分ではないが、良好な結果であり、大腸癌術後補助化学療法として有用である可能性が示唆された。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:化学療法

前へ戻る