演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

FOLFOX4+Bevacizumabによる術前化学療法でPathological CRを得たS状結腸癌の1例

演題番号 : P48-5

[筆頭演者]
田澤 賢一:1 
[共同演者]
眞鍋 高宏:1,3、土屋 康紀:1、山岸 文範:1、笹原 正清:2、塚田 一博:3

1:新潟県厚生連糸魚川総合病 外科、2:富山大 医学薬学研究部 病態病理学、3:富山大 医学薬学研究部 消化器・腫瘍・総合外科

 

症例:60歳男性。下腹部痛、下痢、-5kg/年の体重減少を主訴に大腸カメラ施行、S状結腸に2型腫瘍を認め、ファイバー通過せず、同部の生検検査で腺癌の診断を得た。腹部CT検査で同部に全周性壁肥厚を認め、膀胱境界が不明瞭化、周囲リンパ節腫大を認めた。肺、肝の転移性病変(-)。以上の結果からS状結腸癌、cSI(膀胱)cN1cP0cH0cM0 Stage IIIa、marginally respectable caseと判断、全身麻酔下に横行結腸人工肛門造設術+CVポート造設術施行後、術前化学療法を施行した。FOLFOX4+Bevacizumab療法5コース施行、治療後の腹部CT検査で主病巣は著明に縮小(膀胱境界明瞭化)、周囲リンパ節腫大消失、大腸カメラで同部は瘢痕化、cSEcN0cP0cH0cM0 stage IIとdown stage可能(cPR)で、全身麻酔下にS状結腸切除術+D3リンパ節郭清術施行(横行結腸人工肛門閉鎖を含む)。術後経過は良好で術後15日目に退院、病理組織学的にS状結腸狭窄部は固有筋層までの著明な瘢痕化を来すも、明らかな癌細胞の遺残を認めず、摘出リンパ節にも癌細胞(-)で、Pathological CRと診断した。術後2年半を経過するも、無治療で再発を認めていない。文献的考察を加え、報告する。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:集学的治療

前へ戻る